マンション売却

マンションが売れやすいタイミングとは

マンションが売れやすいタイミングとは

マンションを売るときに注意しておきたいのが売却時の金額でしょう。

基本的にマンションはタイミングなどにより売却時の金額が大きく変化します。

そこでこれからマンション売却する予定なら、どのようなタイミングなら売れやすいのか把握しておきましょう。

いくつかの要素を考えるのが良い

いくつかの要素を考えるのが良い
マンション売却をするときには値上がりや値崩れなどの要素を考慮して売却するのが良いでしょう。

値上がりというのは値土地やマンションなどの価値が上昇することです。

どうして価値が上がってしまうのかというと、不動産市場の動きが大きく影響しています。

例えばある地域にマンションがあるとします。このマンションの周辺などに商業施設などができると周辺地域は活発になるでしょう。

すると多くの方が利用する地域になるのでマンション需要も増えます。

需要が増えるので所有しているマンションの価値が一気に上昇するといった具合です。

価値が高騰したときに売却をすれば、今までよりも非常に高い金額で売ることができます。

つまりマンション売却をおこなうときには周辺地域に環境変化に注目をして、値上がりしたときを狙いましょう。値崩れというのはマンションの価値が減少したときのことを指します。

なぜ値崩れをするのかというと値上がりとは逆のことが起こるからです。例えば周辺地域の人口が減ってしまうと、マンションの利用者も減少します。結果的にマンションの価値も大きく減少してしまいます。
また物件の築年数も大きく関係するので知っておくと良いです。築年数は物件を建築してから経過した年数です。

経過年数が増えることにより建物が老朽化します。そのため不動産市場では築年数が経過している物件ほど値崩れが起きやすいです。
需要と違い築年数は自分たちでコントロールをすることができるのがメリットです。

そのため築年数の浅いタイミングでマンションを売ってしまえば、それなりの金額で売却ができます。ちなみに手残りという要素も用意されているので知っておくと良いです。手残りというのは不動産を売ったときの金額から所得税を引いた金額を指します。

所得税は不動産売却時に必ず発生するコストです。そのため所得税を考慮した売却をしなければ残る金額が少なくなってしまう可能性があります。
基本的に支払う所得税は物件の所有期間により変化します。

所有期間は5年を隔てて税率が変化するシステムです。
所有期間が多ければ多いほど税率も大きく減少するので覚えておきましょう。

季節が関係する場合もあるので知っておこう

季節が関係する場合もあるので知っておこう
マンション売却のタイミングは季節も関係します。
例えば引越しシーズンになると多くの方がマンションなどを利用する傾向があります。

4月や9月などは特に多数の方が引越しをおこなうことが多いので、需要が増える時期を考慮してマンション売却をするのが良いです。

例えば4月は新学期や新生活が始まるシーズンです。
そのため2月や3月あたりになるとマンションや戸建てなどが最も高く売れます。

ただし注意点として4月以降になると新生活が始まってしまうので物件があまり売れなくなってしまうため気をつけましょう。

そこでマンションを売るときは物件探しをしている人が多い、1月から3月あたりにすると良いです。

築年数による売却価格の違いについて理解しよう
先程築年数によりマンションの売却価格は違うと説明をしました。

実際にどれくらい変化するのか知っておくと売却他民具を知ることができるでしょう。

築年数が5年未満の物件の場合、新築物件と比較したときにあまり大差のない売却金額で売ることができます。
設備や内装のダメージもあまり見当たらない物件が多いので新築とほぼ変わりません。
特に価格変動の影響を受けやすい物件なので経済情勢などにより高騰する可能性も期待できるのがメリットです。

マンション物件をまるごと売却する場合、建物の価値と土地の価値が合わさるので結構な金額で売れます。
築年数が10年から15年未満だと物件の劣化も目立つようになります。
そのため修繕費などもかかるため、物件の売却価格は低くなりがちです。

場合によってはフルリノベーションなどもしないといけないので大変面倒です。
築30年になると建物のそのものの価値はなくなってしまいます。その場合土地だけの価値で売却をすることになるので注意しておきましょう。

築10年未満は売却時に支払う税金が安くなるのでおすすめです。
また物件の劣化具合も軽微なのでそこそこ良い値段で売れます。10年未満だと建物の価値も残っているので予想外に安い金額で買い取られる心配もありません。

マンション売却のタイミングは値上がりと値下がりを考慮します。
また手残りなどを考えると良い結果を得られるでしょう。

他にも引越しの多いシーズンにマンション売却をすると高く売れる傾向があります。
マンションの築年数は浅いほど高く売ることができ、年数が経過するほど安い金額になるので注意が必要です。

築年数10年未満くらいの物件なら、税金額も少なくなるので売却後の手残りなども考慮すれば理想的な買取金額で売ることができます。

-マンション売却

Copyright © 株式会社MIJ , All Rights Reserved.