マンション売却

マンション売却の流れ

マンションを持っているんだけど、訳あって売却することにしました。でも売却したことがないからどうすれば良いのか分かりません。一通りの流れを教えてください。

といった疑問にお答えします。

本記事の内容

マンションを売却するのって最初は不安ですよね。

単純にゲームソフトを売るような簡単な手続きで済めば良いのですが、実際にはそうはいきません。

必要な書類がたくさんありますし、場合によっては長期化する可能性もあります。

しかし、本記事では初めての方でもわかるマンション売却の流れを徹底解説していきます。

流れを理解しておけば、必要なものを事前に準備しておくことができるのでスムーズな売却手続きをすることができます。

マンション売却の流れ

マンションを売却する際の基本的な流れは以下の通りです。

①仲介業者または買取業者のどちらかで売却する業者を選ぶ
②査定を申し込む
③業者に内覧してもらう
④最終的な金額の確認
⑤各書類を提出
⑥売買契約を締結
⑦決済日に入金を確認

大まかな流れになりますが、なんとなくこんな流れか程度に覚えておいてください。

一つずつ解説していくので分かる項目は飛ばし読みしていただいて構いません。

①仲介業者または買取業者のどちらかで売却する業者を選ぶ

マンションを売却する際には、仲介業者または買取業者のどちらかで売却する業者を選ぶ必要があります。

仲介業者:あなた(売主)と買主の間に入って売買の仲介役を行う業
買取業者:あなた(売主)から直接買い取る業者

また、複数社にまとめて査定を依頼できる「一括査定」もあります。

 

仲介業者:「売却を急いでいない」、「とりあえず試しに売りに出してみよう」、「高く売れるまで様子を見よう」といった方

メリット

  • 査定額は高め(売れるとは限らない)
  • マンションに限らず、大抵の不動産は売却依頼が可能

デメリット

  • 仲介手数料が発生
  • 売却活動が長期化し、余計な出費が発生する可能性がある
  • 買主探しは売主様都合ではなく、仲介業者の都合で差がさえることがある

買取業者:早く確実に売却したい方

メリット

  • 仲介手数料不要
  • 査定額通りに売却が可能
  • そのままの状態ですぐ売れる
  • 瑕疵担保免責で売却後に買い戻す必要がない

デメリット

  • 仲介と比べると査定額は低め
  • 買い取ってもらえる物件に制限が生じることがある

 

詳しくはマンション売却における「仲介」と「買取」の違いを比較【一括査定の注意点】も参考にしてみてください。

 

また、売却する際に「なぜ売却するのか?」ということも聞かれますので、理由を明確にしておくことが重要となります。

ただし、ネガティブな内容は避けるようにしましょう。

なぜなら、ネガティブな内容によっては買取してもらえないということもあります。

ここで、「実はネガティブな内容で売却するんだよな…」という方はネガティブな内容をポジティブな内容に変換してください。

例えば、

「離婚でマンションを売る事になった」という方は「新生活に向けて売ることにしました」という理由に変換することによりネガティブに聞こえます。

ちょっとした言い回しをかえることにより、買取側に与える印象がよくなり、スムーズな売却につながる可能性もあります。

 

詳しくはマンションを売却する理由を明確にするも参考にしてみてください。

②査定を申し込む

1社だけでなく、複数社に査定を依頼することをおすすめします。

また、自分で相場を調べておけば、相場より低く買い取られる心配もなくなります。

③業者に内覧してもらう

査定額はあくまで業者が出した買取の予想額になります。

正しい金額は内覧したあとに決定するので

また内覧する際には、売却する部屋の状態により金額は前後します。

内覧ってなんで必要なの?

 

内覧で何が変わるの?

 

内覧前に必要なことは?事前準備は必要?

とにかくきれいにしておくことがポイントです。

業者にクリーニングしてもらうのも良いですが、自分で掃除することにより無駄な費用をかけずに売却できるのでおすすめです。

特に水回り、忘れがちな共用部分、手の届かない部分など念入りに掃除しておくこと良いです。

 

④最終的な金額の確認

 

内覧後に提示された金額=売却金額になります。

買取価格が予想より高かったから即決!ではなく、他にも何社か依頼してみることをおすすめします。

もっと高い金額を提示してくれたり、提示金額に対して相談に乗ってくれる可能性は0ではありません。

少しでも高く売りたいのであれば、手間はかかりますが、3~4社にお願いしてみましょう。

 

⑤各書類を提出

マンション売却時に必要な書類は以下になります。

  • 身分証・実印・印鑑証明書・住民票
  • 登記済権利証または登記識別情報
  • 固定資産税納税通知書および固定資産税評価証明書
  • 地積測量図・境界確認書
  • 建築確認済証および検査済証
  • マンションの管理規約、または使用細則、マンションの維持費関連書類
  • 耐震診断報告書・アスベスト使用調査報告書
  • その他の書類(購入時の契約書、重要事項説明書、パンフレットなど)

「あれ?こんな書類あったかな…」
「紛失してしまった…」

という方でもわかるように、詳しく解説していきます。

身分証・実印・印鑑証明書・住民票

身分証はご自身(売却者)の身分が証明できるものであれば大丈夫です。

基本的には、運転免許証または保険証となります。

また、実印は契約などで使う印鑑になるので、間違えてシャチハタや銀行印などをもっていかないように気を付けましょう。

→印鑑証明書はお住まいの市区町村の自治体窓口、コンビニで発行が可能となっています。

また本人でなくとも代理人による申請も可能となっています。

自治体窓口:300円(印鑑登録証が必要)

コンビニ:200円(マイナンバーカードが必要)

→住民票もお住まいの市区町村の自治体窓口にて発行することができます。

1通300円:身分証(運転免許証、マイナンバーカード、パスポートなど)

登記済権利証または登記識別情報

平成16年に不動産登記法が改正され登記済権利証の発行は終了しています。

そのため現在は登記識別情報が必要となりますが、登記識別情報は書面ではなく、12桁の情報に

また、法改正以前または改正後にオンライン庁指定を受けていない登記所で登記した場合に発行された登記済権利証での本人証明が有効となっています。

再発行できますか?

いいえ、できません。

しかし登記済証を紛失してしまったからといって、不動産売却ができなくなるというわけではないので安心してください。

「事前通知」または「資格者代理人による本人確認証明情報の提供制度」により証明が可能となっています。

固定資産税納税通知書および固定資産税評価証明書

【固定資産税納税通知書】

各市町村及び都によって、毎年4月上旬~に届きます。

再発行はできません。紛失してしまったという方はお住いの自治体の納税課までお問い合わせください。

 

【固定資産税評価証明書】

不動産を管轄する都税事務所や市町村役場で発行することが可能となっています。

 

 

地積測量図・境界確認書

 

 

建築確認済証および検査済証

・紛失したら再発行できないので気を付けてください。万が一、紛失してしまったら、自治体の役所で「建築計画概要書」または「台帳記載事項証明書」を発行すれば建築確認済証の代わりとして使用することができます。

 

マンションの管理規約、または使用細則、マンションの維持費関連書類

 

 

耐震診断報告書・アスベスト使用調査報告書

 

 

その他の書類(購入時の契約書、重要事項説明書、パンフレットなど)

 

 

⑥売買契約を締結

消費者が一方的に不利益になることがないように法で定められていますが全てをカバーできるかといえばそうではありません。

最終的には自己責任となるので、契約内容をしっかりと確認した上で契約するようにしましょう。

 

⑦決済日に入金確認

 

決済日に業者から入金があった段階で取り引きが終了となります。

 

まとめ

マンションを売却する流れは以下になります。

①仲介業者または買取業者のどちらかで売却する業者を選ぶ
②査定を申し込む
③業者に内覧してもらう
④最終的な金額の確認
⑤各書類を提出
⑥売買契約を締結
⑦決済日に入金を確認

 

マンションを売却する際には、多少なりとも知識が必要となります。

少しでも高く売りたいという方は売却する物件の状態を良くしてから業者に買い取り依頼することをおすすめします。

 

ワンルーム・コレクションでも買取を行っています。

・買取査定は最短3分

・仲介手数料無料

・最短3日での買取が可能

詳しくは以下からお問い合わせください。

「買取査定はこちら」ボタン

-マンション売却

Copyright © 株式会社MIJ , All Rights Reserved.