マンションによる相続税対策

マンションによる相続税対策

マンションを相続するときは相続税がかかってしまいます。これは場合によって結構な金額が発生するので注意しておきましょう。そこでマンションを相続するときには相続対策をする必要があります。ここでは相続税に対する知識から対策まで紹介します。

まずは税金の内容を理解しておこう

まずは税金の内容を理解しておこう

マンションを相続するときには相続税がかかります。どれくらいかかるのか理解しておきましょう。基本的に相続税は物件だけでなく相続する資産の総合計値で決定します。資産価値というものがあって、これは現金と不動産評価額を足して計算をするので覚えておくとよいです。資産価値に税金をかけてしまうと非常に高額な税金を支払うことになってしまいます。そこで国では税金を安くするために税金免除というものをおこなっています。どれくらい免除されるのかというと3000万円+相続人数×600万円で計算が可能です。ちなみにどれくらい相続人が資産を取得するのかで税率が変化するので知っておきましょう。例えば1000万円以下の取得だと税率が10%です。3000万円から5000万円以下だと20%かかります。税率は取得金額が多ければ多いほど負担も大きくなっていくシステムなので注意が必要です。基礎控除額が取得金額を超えると実質相続税が発生しません。取得する資産の価値が高い場合は相続人数を増やすことにより控除額を上昇させることができるので覚えておくと便利です。

賃貸と売却かを判断する必要がある

賃貸と売却かを判断する必要がある

マンションの相続税対策をするときには、物件の性質を理解しておきましょう。例えば賃貸物件として機能をするのならそのまま物件を取得して運用させるのがよいです。発生する相続税はマンションの収益を利用して打ち消すことができます。基本的に収益物件として機能する物件は都心にあるもので、需要もそこそこないといけません。現在の物件を確認して収益性がないのなら売却するのもよいです。物件は不動産を利用して売ることもできます。その際仲介と買取を利用できるので知っておきましょう。買取とは不動産屋が直接物件を買い取るサービスです。メリットは素早く現金化をすることができる部分です。少しでも素早く現金化をしたいときに重宝します。ただし買取価格は一般的に仲介よりも安くなってしまうので注意が必要です。仲介は不動産屋のネットワークを利用して買い手を見つける売却方法です。メリットは買取よりも高く売れるところですが、買い手が見つからないと売れません。一般的に仲介は売却まで時間がかかってしまうのがネックでしょう。ちなみに相続をした後も仲介を利用して物件の売却はできます。不動産屋ではできるだけ早く物件を売却できるように工夫をしてくれます。例えば広告を出したりして集客をおこなってくれるので安心です。また仲介を利用するときには交渉も視野に入れましょう。例えば購入希望者が少し安くしてほしいというときは交渉をして多少割引をおこなうのも手です。そうすれば少しでも早く物件を売却できます。収益性のない物件を保有しても家計を圧迫するだけで意味がありません。そのため需要のない物件なら売ってしまうのがよいです。

相続税の評価額はどのように決まるのか

相続税の評価額はどのように決まるのか

マンションの相続評価の対象になるのは敷地権と建物です。ちなみに建物に関しては固定資産税評価額が相続税評価額に値するシステムです。これは被相続人に送られてくる納税通知書の中に記載されているのでチェックしておきましょう。土地に関しては建物とは別に算出をおこないます。マンションは住居人もいて、敷地内の土地を区分者全員で所有しています。そこで共有持分を敷地権として呼び評価額に影響する仕組みになっているので理解しておくとよいです。具体的にマンション全体の敷地評価額を敷地権割合でかけると敷地権評価額が算出できます。実は土地の評価額は裏技を利用すれば下げることが可能です。土地は状態により評価額が変化します。例えば袋小路になっている部分や特殊な形状の土地などは評価額が同じ立地でも下がってしまいます。扱いの難しい土地で評価額が下がれば税金も下がるのでうまく利用してみましょう。これは専門家に依頼をして土地を調査をしてもらうとよいです。調査後いまいち評価額が下がらないのなら売却をして物件取得の相続税を回避するのも視野に入れます。

相続税は総合的な取得資産で決定します。マンションの税金については基礎控除を利用すれば税を支払うリスクを回避できる場合もあるので便利です。ただ基礎控除を上回る場合は売却も視野に入れてみるとよいです。物件は不動産を利用して売ることができます。その際仲介と買取が利用可能です。買取は手早く物件を現金化できるので時間をかけたくないときに便利でしょう。仲介は時間がかかりますが、それなりの金額で売却が可能です。不動産屋では売るための宣伝も積極的におこなってくれます。評価額の高い土地なら発生する税金も多く、まともに所有するのが難しいです。そのため物件を売ることも考えることが大事です。