マンションを売るときの流れについて

マンションを売るときの流れについて

所有しているマンションの売却を考えているのなら、まずは買取ってもらうか仲介してもらうのかを考えましょう。どちらともマンション売却がおこなえますが、取り引きを終わらせるまでの流れが異なります。

こちらでは、買取ってもらう業者を利用する場合と、仲介してくれる業者を利用する場合の流れを説明するので参考にしてください。きちんと流れを考えたうえで行動をすれば、後悔をしないマンション売却ができるようになります。

マンションを買取ってもらうのなら

マンションを買取ってもらうのなら
マンションを売却する場合は、価値を調べてもらうために、業者に査定をおこなってもらうことになります。その査定をおこなってもらうときに大切なのは、できる限りたくさんの業者に連絡をするということです。

業者によって査定の基準が異なるため、Aの業者では高かったのにBの業者では信じられないくらい安かったということも起こりえるのです。
一つの業者だけに頼む場合は、Aに当たればよいのですが、もしかするとBに当たってしまうかもしれません。
Bに当たった場合はそのまま取り引きを続けると、かなりの損をすることになるので、査定額の比較ができるように複数の業者に頼む必要があるのです。

業者に頼んだ場合の査定の流れは、連絡をして自宅のマンションにきてもらって、内部や外部をしっかりと見たうえで金額を出してもらうことになります。
そこそこの時間や手間がかかるため、気軽に査定をしてもらうのは難しいと考えるでしょう。

その場合は、一括査定を利用して、安い査定額を提案する業者をふるいにかけることをおすすめします。
一括査定ではマンション売却の簡易査定をおこなってくれるところがあり、データを伝えることだけで金額を教えてもらえます。

複数の業者に一括で頼めて査定額が返ってくるので、よい条件で売却できるところのみ、マンションを見てもらう本査定をおこなってもらえるようになるのです。なお、一括査定の金額は参考程度にしかならないので、一番高い金額を提案してくれたところが、もっとも高く売れる業者ということではありません。

二番目や三番目のほうが高く売れるケースもあるため、本査定は上位のところすべてに頼むことをおすすめします。
安いところはふるいにかけているのですから、上位のどこに頼んだとしても、大きくがっかりすることはないはずです。

業者に仲介してもらってマンションを売るのなら

業者に仲介してもらってマンションを売るのなら
業者に買取ってもらうのではなく、仲介をしてもらって売るときにも査定が大切になります。
査定額を基準として売値を決めるので、できる限り高い金額を付けてくれたほうがよいでしょう。

高い査定額を付けたということは、その金額で売却する自信があるということなので、安心して仲介を任せられます。
もちろん、業者が提案してくれた金額でなくてもよいため、きちんと相談したうえで売却する金額を決めるようにしましょう。

なお、仲介をしてもらう場合は、業者の実績もしっかりと確かめることをおすすめします。高値を付けてくれたとしても、売れないのでは意味がないため、これまでどのくらいのマンションの売却に成功したのか調べてみましょう。

実績があるということは高値で売却するためのノウハウがあるということなので、希望通りの金額でマンションを手放せる可能性が高くなります。

業者を決定してからのマンション売却の流れ

業者を決定してからのマンション売却の流れ
買取ってもらうのならば、望めばすぐに契約がおこなえるため、その後のマンション売却はそれほど難しい流れではありません。

しかし、仲介をしてもらう場合は、買ってくれる方が現れるのを待たなければいけないので注意が必要です。
買いたいと考える方は、マンションの内部を見る内覧を望むでしょうから、それへの対処もきちんとおこなわなければいけません。

できる限りよく見せることが成功させるポイントなので、業者に相談して的確なアドバイスをもらうようにしましょう。

掃除や整頓など、少しでもキレイに見せることがマンション売却につながるので、ある程度の頑張りは必要になります。買ってくれる方が見つかったのなら、業者が交渉を手伝ってくれるため納得できる取り引きをおこないましょう。

ちなみに、買取ってくれる業者も仲介をしてもらえる業者も、マンション売却に必要な手続きをしっかりとサポートしてくれます。

必要な書類なども教えてくれるので、すべてをそろえて完璧にマンション売却を終えるようにしましょう。

どのような業者にマンション売却を頼むとしても、査定を受けて信頼できるところを探すことが大切になります。
買取ってくれる業者選びを間違うと、100万円以上の大金を損してしまう可能性があるので、じっくりと比較をして選ぶようにしましょう。

そして、仲介してもらうほうの業者を選ぶのを間違うと、まったく売れずに時間だけが過ぎてしまうこともあるため注意が必要です。

なお、無事に契約が決まったのなら、引き渡す日も決まっているでしょうから、その日に向けてしっかりと準備をすることが大切です。

引き渡しを終えることが、本当の意味でマンションを売却したということなので、それを目指して頑張りましょう。