マンション仲介手数料の計算方法

マンション仲介手数料の計算方法

マンションを売買するときには仲介手数料がかかります。取引額に応じて金額が変わりますが、高額になるためあらかじめ理解をしておくことが重要です。また、法律で上限が決められていますので、その知識も必要となります。それではどのくらいの費用がかかるのか、その計算方法について解説します。

仲介手数料の計算方法はこちらです

仲介手数料の計算方法はこちらです

まず正式な仲介手数料の計算方法をご紹介しましょう。マンションの売買金額が200万円以下の部分は、5%+消費税となります。200万円を超えて400万円以下の部分は、4%+消費税となります。400万円を超える部分は、3%+消費税となります。これをもとに、マンションが2000万円で取引された場合の仲介手数料を計算してみましょう。税率は、2019年10月以降の取引と仮定して10%で計算します。200万円以下の部分は、200万円×5%+消費税=11万円200万円超400万円以下の部分は、200万円×4%+消費税=8万8千円400万円超の部分は、1600万円×3%+消費税=52万8千円総額で72万6千円となります。この計算式でまったく問題ないのですが、これをより簡単にするために使われる速算法があります。それが、(売買金額×3%+6万円)+消費税という計算式です。こちらの式で先ほどの例を計算してみると、やはり72万6千円、同額になります。なぜ3%に6万円を足したもので正解が出るのか不思議かもしれません。ただ、一度全額に3%を掛け合わせたものに200万円以下のパーセンテージの差額分、200万超400万以下のパーセンテージの差額分を補うと、きちんと税抜きの正解額となるのです。いずれにせよ速算法でも間違いはありませんし、多くの場合は価格別に仲介手数料の早見表が用意されていますので、目安にするならまずはそちらを参考にするのが早いでしょう。

そもそも仲介手数料とはどういうものでしょうか

そもそも仲介手数料とはどういうものでしょうか

不動産会社は、マンションなど不動産を買いたい人と売りたい人を仲介し、無事取引を終了させることを仕事としています。仲介手数料はその業務における成功報酬であり、不動産取引がトラブルなく法に基づき安全におこなえるようにするための費用と言えます。あらかじめ綿密な調査をおこない、取引にあたり問題がないかどうかを確認することも大切な仕事です。土地建物の権利関係は複雑なので、専門の知識できちんと調べることは欠かせません。マンションに限らず土地や戸建てなど、企業ではなく個人が売買を希望する場合は、不動産会社に仲介を依頼するのが一般的ですし、安心なことは言うまでもないことです。この成功報酬は媒介手数料ともいい、売買金額をもとに上記のとおり決まった計算式でおこなわれる法律になっています。また金額には法律で上限が決められており、前述の内容は上限いっぱいの金額を算出する式だと理解しておきましょう。もちろん計算式より低いパーセンテージで仕事請け負っている不動産会社もあるでしょう。ただ、上記の内容に即している限り、正しく営業をおこなっている不動産会社であると判断できます。

果たして仲介手数料は値引きできるのでしょうか

果たして仲介手数料は値引きできるのでしょうか

プロフェッショナルが仕事をする以上、対価を得るのは当然のことです。とは言えかなりまとまった金額ですから、取引する側としては少しでも低く抑えられないかと考えたくなる気持ちも本音でしょう。前述の例でも70万円を超える金額が取引金額にプラスされるわけですし、取引額が3000万円になれば100万円を超える金額になります。法律で決められているのは上限のみですので値引き交渉で値が下げられるケースもありますし、先にも触れたとおり最初から値引き姿勢を見せる不動産会社も出始めました。ただ、やはり仲介手数料は基本的に成功報酬ですから、取引を成立させる実力があってはじめて成り立つ関係です。先立つものが気になるのは当然としても、結局は満足のいく売買ができることがメインですので、そこは忘れないようにしましょう。特にマンションを売る場合は、物件を広く売り込む必要があります。個別に広告を打つような場合はその費用が別途かかる場合もありますが、不動産会社が基本的な販売活動をおこなう範疇であれば、販促費がかかることもありません。いかに早くよい買い主を探せるか、そこに不動産会社の実力が現れます。支払いのタイミングは不動産会社によって異なり、取引終了後に一括というところもあれば、契約時に半額、終了後に残りの半額とするところもあります。例えば手持ちがなく、マンションを売った金額ですべてまかなう予定なら、先払いは厳しいでしょう。この部分は契約する会社ごとに異なりますので、あらかじめ確認が必要です。

マンションの売買の仲介手数料には上限が決められており、売買金額にパーセンテージを掛け合わせた額に消費税額を足したもので算出されます。正式な計算式や速算法などがありますが、多くの場合は金額の早見表がありますので、目安にするだけならそちらを参考にするのが早いでしょう。法律で決まっているのは上限のみのため、不動産会社によっては値引きしている場合もあります。ただ、目的は満足できる売買取引をすることですので、実力があってこその成功報酬だという点は忘れないようにしましょう。