群馬県のマンション売却における相場を知る

群馬県のマンション売却における相場を知る

群馬には、いくつものマンションがありますが、現在マンションに住んでいる人がこれを売却しようとする場合、マンション売却価格が気になるところです。

マンション売却価格は、実際に査定をしてみるとわかりやすいですが、査定をすると不動産会社から何度も連絡が来ることや、しつこいセールスが入ることも考えられます。

そうなることを嫌がる人も多く、この場合には不動産会社を介さずに査定金額を知る方法があったら便利です。そこで、群馬のマンション売却価格の相場やその相場を左右する事柄などがあるとすればどのようなものか見ていきます。

群馬県のマンション売却の相場は

群馬県のマンション売却の相場は

群馬県といっても、さまざまな地域がありますが、比較的人口が多い高崎や前橋などでは多くのマンションがあります。1番や大きな国道沿いには10階建て以上のマンションも多いでしょう。

ただ、東京都内などとは異なり高級マンションやタワーマンションなどは少ない傾向にあります。そのため、相場も極端に高くなるようなことは考えにくいでしょう。

実際に2019年の相場を見ると1番高く売れたマンションが4400万円ことになっています。それ以上の金額で売れている例はほとんどありません。

そのため、上限が4400万円位と考えておけばよいでしょう。このときの条件は、もともと立地が良く購入価格がそれ以上をしたことが考えられます。しかも、プレミアなどがつく可能性は高くないため、多くの場合高値で売却されているマンションは築1年目のマンションです。

築1年目の場合は、新品の住宅に比べるとやや価格が落ちるものの、新築に近い位の価格で取引されている例も少なくありません。

それ以外でも、最上階のほうが値段が高くなるため最上階の可能性が高いと考えておけば良いでしょう。このように、一定の条件が必要ですので、もし築年数が5年かそれ以上経過している場合はそれ以下の値段になる可能性がほとんどです。

平均的なマンションに注目すると、売却価格で言えば2600万円ほどになります。これは、建物の面積としては70平米前後でしかも3 LDKの家族連れの住宅です。それ以下の広さの場合には、もう少し価格が下がる恐れもあるでしょう。

築年数だけではない相場の変動の仕方

築年数だけではない相場の変動の仕方

場所は、一度購入すると広さは変更することができません。一戸建て住宅のように、増築をすることが不可能なためです。そのため、途中から価値が増えることはないかもしれません。日本の住宅の場合は年数の経過により価値が減少していく傾向にあるため、売却するならば早めに売却をしたほうがよさそうです。

最初の5年位は、それほど売却するときの金額に違いはありません。しかし、10年も経過すると、値段が落ち始めます。10年目以降に値段が落ち始める理由は、耐震性の問題などが考えられるでしょう。

10年前に建築されたマンションと、新しく建築されたマンションでは、その耐震性に対するコンセプトも随分と異なっている可能性があります。当然ながら新しいマンションのほうが、満足のできる耐震性になっており、多くの人が新しいマンションを選びたがります。

また、単純に新しいマンションのほうがきれいなため築10年以上のマンションはあまり高い相場になりえません。20年を過ぎると、それ以降はそこまで売却金額に違いは出ないようになります。このように考えれば、群馬県のマンションも、築年数に応じて金額が決まってくると言っても過言ではありません。

そして1部例外があります。大規模修繕工事をした場合は、そのマンション自体の価値が高まります。やはり、最新の耐震性などを取り入れていることや、単純にマンションがきれいになったことなどが理由になるでしょう。それに加えて、途中でリフォームやリノベーションをした場合なども売却価格が上昇する可能性が高まります。

群馬県のマンションの売却相場を左右するもの

群馬県のマンションの売却相場を左右するもの

群馬県のマンションの売却をする場合には、将来的な予想も大事になります。将来的な予想を考える場合には、どのようなものが相場を左右すると知っておくと便利です。

マンションの相場が安くなるときの1つは、単純にその街の人口が少なくなった場合です。人口が少なくなれば、注目度も低くなり、購入希望者も減るでしょう。購入希望者がいれば必然的に価格が落ちてきます。

また、築年数の経過とともに間取りも古くないマンション自体の耐久性も下がるため価格が落ちやすくなるでしょう。これに対して、価格が上昇する場合は街が注目されている場合です。例えば、1都内に住んでいる人が群馬県に移住をし始めた場合自然と価格が上昇する可能性があります。

爆発的に上昇する可能性は低いですが、わずかに上昇するため見逃さないようにしましょう。

コロナウィルスの影響で価格が上がることも

コロナウィルスの影響で価格が上がることも

コロナウィルスが2020年の冬から流行していますが、群馬県は首都圏の中心部から離れており、あまり影響がないように感じます。

しかし実際には、今後マンション価格に影響が出る可能性があるでしょう。現在リモートワークなどがおこなわれており、わざわざリモートワークをするのに土地の値段の高い都内ですぐ必要もなくなります。

そこで注目されるのが群馬県の年にあるマンションです。現在都内にいる人が今後地方に住み始めるとすれば群馬県のマンションの価格も上昇する可能性が出てくるでしょう。

群馬県のマンションを売却するときの相場を見ると、平均的には2600万円になっています。これは3LDKの家族用のマンションの相場です。場所は時間の経過とともに価値が下がるため早めに売却をしたほうが良いともいえます。

ですが、逆にこれから相場が上昇する可能性も否定できません。

例えば、群馬県の市街地に都内に住んでいた人が増加する場合です。特に最近はリモートワークなどが進んでおりわざわざ都内に住む必要もなくなったため群馬県に移住してくる人が増えるかもしれません。そうすると、売却相場は高くなります。