賃貸管理基礎編~その5~

物件情報シート『図面』

 前回までは、マンションが空室になってから入居希望者が契約を済ませるまでの大まかな流れを解説しました。ご存知の方も多かったでしょうか。
 今回は、不動産屋の入り口などによく貼ってある物件情報シート(以下、図面。)の見方についてご紹介して参ります。
物件情報シート『賃貸図面』『マイソク』
  • ➀物件種別と物件名、概要など
     求めている物件かどうか一目で判断できる。
  • ➁物件写真。
     物件の実情が目で見てわかる。
  • ➂広告文(アピールポイントが書かれています。)
     特に他社や他物件より優位な部分を記載。
  • ➃詳細(ここが最重要)
     初期費用の算定など、お金の事はここ。
     詳細に見ていきましょう。
賃貸図面における重要な詳細情報

 賃料や管理費はもちろんですが更新料や家賃保証、保険などについては見落としがち。筆者は3度ほど賃貸物件に引越しをしたことがありますが、初期費用の請求書が届くたびに若干肝を冷やしました。(知っていても慣れません。。)
 いつもより図が多くなったので、次回「ココが重要!」の中身となる家賃保証会社や家財保険会社、初期費用の算定などの詳細を見ていきましょう。

ポイントを押さえて利口なお引越し!