マンション売却

取引事例が多い東京都のマンション売却

取引事例が多い東京都のマンション売却

東京都は日本の首都であり、平均地価も高いエリアが非常に多いのでマンションのニーズが非常に高い地域となっています。

昔から多くのマンションが建設されているので、中古物件から新築物件まで数多くの物件が供給されており、価格帯も幅広いものとなっています。

東京都心部で働いている人にとっては、通勤の利便性はマンションを選ぶうえでは非常に重要な要素となるので、主要な駅の近くにある物件や電車の路線数が多いエリアの物件は人気が高いです。

通勤に利便性があり、生活しやすいエリアにある、多くの人が欲しがる物件の場合には、中古市場でも人気があるので、マンション売却相場も高いものが多くなっています。

都内では中古マンションの売買も活発です

都内では中古マンションの売買も活発です

東京都のマンションの取引市場は、東京23区の地域で非常に活発な値動きがあり、中古物件も多数見つけることができます。
23区のうちでも江戸川区、葛飾区、足立区、墨田区辺りは、比較的住宅街も多く、リーズナブルな価格帯の物件なども多数あります。

反対に中央区、千代田区、渋谷区、世田谷区などのマンションは、価格帯が高い物件も多く、中には億単位の取引価格の物件などもあります。

東京都内ではまだまだ発展している地域があり、マンションなども多数供給されているので、新築物件なども多数あります。逆にまとまった大きな土地が少ないエリアでは、新築マンションの新たな供給数が少ないので、中古マンション売却相場が高い物件が多いです。

通勤に電車を利用している人が多いので、駅から徒歩ですぐの場所にあるマンションが特に人気が高く、東京23区でも駅から少し離れている物件の場合には、価格も安くなる傾向にあります。

東京の西部辺りにも多数の物件があります

東京の西部辺りにも多数の物件があります

東京都は23区の人口がとても多く、マンション市場でも注目されることが多いですが、東京西部エリアでも人気が高いエリアがあります。

西東京市や武蔵野市、小金井市などは東京23区までの電車アクセスも良いので、通勤にも不便は少なく、マンションのたくさん供給されています。

立川市や八王子市、町田市なども多くの人が生活をしているエリアであり、街そのものが栄えているので、マンション市場の取引も多いです。
東京23区までは距離がありますが、比較的の無理ない価格で購入することができる物件も多いでしょう。八王子当たりの高層マンションであれば、自然などが近いこともあって、見晴らしがよい眺望がある物件なども見つかります。

土地に比較的余裕があるエリアのマンションの場合には、専用庭が付属していたり、共用のスペースが充実していることも多く、子育てに適している物件も多数見つかります。マンションの専用部分の面積も東京23区に比べると東京西部の郊外のほうが広く設定されている物件が多いです。

将来を見据えて物件を選ぶとよいです

将来を見据えて物件を選ぶとよいです

マンションの場合、中古市場でも人気が高いので将来的に売却することを検討している人にとっては、戸建て住宅よりも優位性があるといえます。

特に多くの人が集まる東京都の中古マンション市場は、取引も活発におこなわれているので、比較的希望している価格でマンション売却が成約することも多いです。
マンション価格は建物価格と土地価格で構成されていますが、土地価格は時間の経過によって、減少することが少なく、経済状況や景気によって上下動する特徴があります。

つまり、タイミングよくマンション売却をすることで、新築で購入した価格よりも高い値段で売却をすることができることも可能です。

もし、これからマンションを選ぶ際には、将来のそのエリアの動向をしっかりと見極めてから購入を選ぶと良いでしょう。
安定した人気があるエリアも良いですが、これから発展が望めそうな地域であれば、地価が上昇してマンション売却価格に有利になることがあります。
市場の動向については素人ではわかりにくい点が多いので、普段から不動産業者の方に相談をしておくと、情報提供を受けることができることも多くなります。

時間をかけて売却したほうが適正価格で売れます

時間をかけて売却したほうが適正価格で売れます

東京都内で所有しているマンション売却を考えている人は、その建物のあるエリアの売買相場についてしっかりと理解を深めておくことが重要となります。
マンションの取引価格はかなり高額であり、ちょっとした違いによって大きく変動することになります。

しっかりと適正価格を見極めておくことで、売却時に損をしてしまうことを避けることができます。まずは自分自身でそのエリアの同程度のグレードのマンションの市場価格等を調べてみると良いでしょう。

また、できる限り複数の不動産会社にアプローチをして、物件の価格査定を行ってもらい、結果を比較したほうが良いです。時間をかけてでもじっくりと売却を進めていくことで、希望している価格で売ることができるようになります。

東京都の場合、マンション売却事例数もかなり沢山集まりやすいので、不動産会社も適正な価格帯を把握していることが多いと考えられます。中古市場でも取引が多いエリアのマンションについて売却相談をすると、喜んで相談に対応してくれる不動産会社も多いです。

東京都は多くの人が住んでおり、引越しをする人も多いので、中古マンション市場の動きも活発なので、多くの物件が見つかります。新築物件の供給されていることが多いので、たくさんの物件から自分の理想のマンションを見つけやすいでしょう。

取引が活発なので、将来的にマンション売却を検討しているという人にとっても、売却する際にスムーズに手続きを進めることができてよいです。また、ニーズが高いエリアの物件の場合には、新築時よりも高い価格で売却することができることもあります。

-マンション売却

Copyright © 株式会社MIJ , All Rights Reserved.