マンション売却

不動産売却における『囲い込み』の闇

不動産売却における『囲い込み』の闇

囲い込みとは

『囲い込み』とは、

「仲介業者がいくら購入希望者から話が来ても、利益が少ないと判断した場合売主様に購入希望者がいることを報告しない」

ことです。

基本的に売上ノルマが課せられているこの不動産業界では、売主の利益より自社の利益を優先することが多いのが現実です。

なぜ起こるのか。

仲介業者は売主から依頼を受けた場合、レインズ(REINS)というサイトを使って他社と情報を共有します。

ここで他業者によって買主が見つかった場合は、売主側の仲介業者は100%の仲介手数料をもらいます。

しかし、他業者ではなく自社で買主を見つけた場合、もう100%の仲介手数料が貰えるのです。

このように売主、買主双方から手数料を得ることを両手仲介と呼びますが、これ自体は違法行為ではありません。

しかし、売主側の仲介業者が他業者からの物件照会を拒絶することで、売主は売却するのに余計な時間がかかってしまったり、優良な販売先の存在を知らずに売ってしまうなどの不利益を被ることになります。

「早く、高く売りたい!」これは最もなことですが、物件を大切にしない個人の方や、業法違反をするような買主業者に物件が渡ってしまうことは倫理的に避けたいと思いませんか?利益目当てで動く仲介業者であれば、買主などなんのその。
両手仲介
仲介業者はあの手この手を使って、両手仲介の成立を目指します。
囲い込み

あなたも『囲い込み』にあっているかもしれません

不動産売却において仲介業者を利用した方で以下に当てはまる方は『囲い込み』にあっている可能性があります。

「仲介業者にお願いしたけど全く連絡がこない。」
「好条件の物件なのに、なかなか買い手が決まらない。」

まとめ

このように業務を逸脱した慣習は、ビジネスとして業務を営むが故のジレンマとも言えます。

「仲介業者にお願いしたけど全く連絡がこない。」
「好条件の物件なのに、なかなか買い手が決まらない。」
こんなお悩みをお抱えの方は、もしかしたら「囲い込み」の被害者かもしれません。是非一度ご相談ください。次回は買主案内があってもなぜか決まらない「だし物件(アテ物件)」についてご紹介いたしますので、お楽しみに。

-マンション売却
-,

Copyright © 株式会社MIJ , All Rights Reserved.