マンション売却

マンション売却にかかる期間はどのくらい?【最速で売る為のコツ】

マンション売却するのにどのくらいの期間がかかるのか知りたい。あと高額・最短で買い取ってくれる業者を教えてほしい!

といった疑問にお答えします。

本記事の内容

 

マンションの売却手順を知りたい方は以下の記事で詳しく解説しています。

【マンション売却】初心者でも分かる7つの手順を解説【保存版】

続きを見る

 

マンション売却にかかる期間はどのくらい?

結論からお伝えすると、

 

マンション売却には平均3~6か月はかかります。

 

具体的な数値は以下の通り。

 

出典:三井住友トラスト不動産

 

そんなにかかるの!?と思う方もいると思いますが、あくまでも平均的な数値となるので参考程度に考えてください。

 

ワンコレでは最短3日での買取が可能!

「早急に売りたい」「すぐにでも現金が必要」という方はワンルーム・コレクションにお任せください。

ワンコレなら…

  • 仲介手数料・売却諸費用が無料!
  • 瑕疵担保責任免責特約を付けて契約!
  • 即日訪問可能!最短3日で買取も可能!

WEBでかんたん!マンション査定!
ワンコレのマンション買取査定は最短15分!

買取査定はこちら

※買取の場合、仲介手数料が無料になります
最短3日での買取が可能です(詳しくはこちら

 

マンション売却を決めた場合でも、すぐに売却できるとは限りません。

このとき、どれぐらいの期間で売却することができるか分かれば先々の計画も立てやすいでしょう。

例えば、これから遠くに引っ越しをする場合などがこれに該当します。ある程度時間がわかればそこから逆算をして売る時期が定まりますが、そうでなければ一体どのタイミングで活動をしていいのかわからなくなるでしょう。

そこで一般的にマンションを売るときのタイミングを見ていきます。これを知ることにより、より合理的にマンションを得ることができ無駄が少なくなるでしょう。

 

マンション売却の流れ

まずは不動産会社を見つけることからスタートする

①仲介業者・買取業者のどちらかを選ぶ


マンションを売却する際、仲介業者・買取業者のどちらかにお願いする形となりますが、

  • 「売却を急いでいない」、「とりあえず試しに売りに出してみよう」、「高く売れるまで様子を見よう」といった方は仲介業者
  • 早く確実に売却したい方は買取業者

マンションを売りたい場合には、自分で売ることもできないわけではありません。

昔は、知り合いなどに家を売っていた時代もありました。まだ不動産会社がない頃の時代です。

ですが、最近は知り合いに建物を所望している人がいない限りなかなか売ることができないでしょう。

このような場合には、不動産会社に連絡をしてそこを通じて売却をするのが1番になります。

まずどのような不動産会社が良いかを考えなければいけませんが、会社を見つけるのは1週間から2週間もあれば充分でしょう。

契約自体にはそれほど時間が掛からず、情報そのものを集めることが1番の供養になるはずです。

そもそも不動産会社といっても、どのような建物を扱っているかにより売却価格が異なる可能性があります。

例えば、倉庫やビルを専門的に扱っている会社にお願いをしたとしても、あまり高く売ることができないはずです。

しかし、マンションを専門的に扱っている不動産会社の場合には、ポイントを心得ていますので高く売ることができる可能性が高いです。

このように考えれば、最初の1週間位でまずどのような会社があるかを比較し、その中で有力な不動産会社に違いないと感じた場合には直接査定をしてもらうことが必要です。

そして査定を3社ぐらいにしてもらい、最終的に1つのところに決めるわけですが、それだけで1週間程度の時間がかかるはずです。

合計で2週間もあれば不動産会社選びは終了するでしょう。

そして会社選びが終わった後は、いよいよ広告を出してもらえます。

ただ広告を出す場合もすぐに出してもらえるわけではなく、さまざまな諸条件等を決めなければならないでしょう。

 

マンションを最速で売る為の3つのコツ

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を出すまでにかかる期間とはどれぐらいか

 

広告を出してから売れるまでの期間はどうか

広告を出してから売れるまでの期間はどうか

広告を出してからは、すぐに売り切れる場合もあれば、なかなか売れない場合も考えられます。

前者の場合は、人気のある物件の場合見られます。

人気のある物件は、早い者勝ちで早めに気がついた人がその物件を買ってくれる可能性が高いでしょう。

いずれにしても、広告を出し始めてから1週間から2週間以内に契約が決まることが多いです。

人気のある物件以外でも、格安の物件なども比較的早く売れる可能性があります。

これに対して、人気のない物件や特に個性がない物件あるいは値段が相場より高い物件に関してはなかなか売れません。

この場合には、半年程度時間が経過した後価格の改定をおこなうのが良いでしょう。

一気に50万円から100万円位は安くすることが多いですが、結局は契約者の意向によって変わります。

場合によっては1年ほど売れないこともありますが、この場合には大幅に価格を下げる勇気も必要です。

ここからわかることは、広告を出してからは物件によってすぐ売れるものとなかなか売れないものに分かれることです。

マンションを売却する場合にかかる期間ですが、まず不動産会社選びで1週間から2週間ぐらいはかかります。

次に、契約をしてから広告を出すまでもやはり2週間位の時間は考えておいた方が良いでしょう。

そして、広告を出し始めてから実際に契約が成立するまでは、物件によって随分と異なります。あるいは、設定価格帯によっても随分と異なるでしょう。

広告を出し始めてから1週間ないしは2週間で売れるところもあれば、1年以上売れないこともあります。

半年以上かかる場合には、途中で価格改定等をおこなっていき、より売れやすい金額に設定することも重要になります。

-マンション売却

Copyright © 株式会社MIJ , All Rights Reserved.