【特別編】新元号「令和」

新元号の万葉集引用部分

太宰帥大伴の卿の宅に宴してよめる梅の花の歌三十二首(みそぢまりふたつ)、また序
天平二年(ふたとせといふとし)正月(むつき)の十三日(とをかまりみかのひ)、帥(かみ)の老(おきな)の宅(いへ)に萃(つど)ひて、宴会を申(の)ぶ。時に➀初春の令月、気淑く風和ぐ。梅は鏡前の粉を披(ひら)き、蘭は珮後の香を薫らす。加以(しかのみにあらず)曙は嶺に雲を移し、松は羅(うすきぬ)を掛けて盖(きぬかさ)を傾け、夕岫(せきしふ)に霧を結び、鳥はうすものに封(こも)りて林に迷ふ。庭には舞ふ新蝶あり、空には帰る故雁あり。是に天を盖にし地を坐(しきゐ)にして、膝を促して觴(さかづき)を飛ばし、言を一室の裏(うち)に忘れ、衿を煙霞の外に開き、➁淡然として自放に➂快然として自ら足れり。若し翰苑にあらずは、何を以てか情(こころ)をのベむ。請ひて落梅の篇を紀(しる)さむと。古今それ何ぞ異ならむ。園梅を賦し、聊か短詠(みじかうた)を成(よ)むベし。

引用部の一部解説

➀初春の良い月夜、空気は清く風がやわらいでいる。
➁淡々と各々が心のままに振る舞い。
➂快く心地よくそれぞれの心を満たしている。

首相の言葉

この古文を引用し、「人々が美しく、心寄せ合い、文化が生まれ育つ。そんな世の中であることを願い、また、その実現に向けて邁進していく。」
つまり日本の文化の基盤となった万葉集から、皆が快く心を通わせて、各々がそれぞれに心を満たしている様を描いた詩から、「令和」に決定したということでしょう。
古文に詳しくない筆者でも、美しい情景が言葉の隅々から感じられる素敵な内容です。
簡潔ではありますが、ご参考までに。

弊社もお客様と心を通わせられるような事業展開を目指して尽力します。