マンション売却サポート

ご存じでしょうか。

 ワンルームマンション・ファミリーマンション・一戸建て・商業ビルを売る時、それぞれの販売方法は全くと言っていいほど異なります。不動産会社はどの物件に対してもプロフェッショナルだと考えている方、それは大きな間違いです。買い取る際の相場観や価格帯、査定から契約までの速さなど、不動産会社の中でも大手に劣らない専門分野を持つ中小企業が存在します。
 当サイトはそのうち、中小企業が運営する「ワンルーム買取の専門サイト」としてその高度な経験やスキルをお客様に提供しています。
 詳細はこちらのボタンから代表のご挨拶をご覧ください。

 こちらからは、いわゆる大手と中小企業に買取を依頼する際の違いをお伝えします。

大手のメリットデメリット

○広告宣伝費が豊富。
 多角的な宣伝力で広い層から潜在的なニーズ引き出しています。
○情報量が豊富。
 扱うデータの規模が違うので、判断に万全を喫します。
○大型物件には膨大な資金力で対応。
 額面の大きな取引は資金力が必要ですが、この点では大手に勝るものはありません。
△利幅の小さい案件に時間をかけられない。
 ”会社を運営するコストが膨大”=”売上を効率的に上げる必要がある”
 このため、必然的に利幅の小さい案件には取り組みづらい社内の雰囲気があります。
△対応の柔軟性や事務処理の速度に限度がある。
 いわゆる大手企業では、組織体制がきっちりしているため、担当者の一存で契約や代金決済はできません。契約はもちろん、対応一つとっても稟議(各上司に書類で確認してもらい印鑑をもらうこと。)が必要となります。
 「上席のものが休暇を頂いているため…」と担当者に言われたことはありませんか?

中小企業のメリットデメリット

○対応が早い。
 お客様に掛ける合計時間は、圧倒的に多いです。
○条件面など融通が利く。
 痒いところに手が届きます。
○独自の強みや専門性を有している。
 トータルでは大手にかなわないものの、専門分野に対するこだわりが強いです。
△大型案件には対応が難しい。
 資金力では圧倒的に大手企業に及びません。
△情報量は大手に劣る。
 既存の顧客情報や物件数など、蓄積された情報量の差は歴然です。
 前述した通り資金力も劣っているため、ピンポイントな情報分析にしか費用を捻出できません。

いかがでしょうか。

 数多ある不動産買取サイトやブログ記事にも書いてある通り、上手に売却するならまずは大小様々な買取業者に査定をしてもらうことが一番の近道となります。
 もし「大手だから絶対間違いない。」とお考えの方や、お時間を捻出できない等のお悩みをお持ちの方がいれば、まずは当サイトの直接買取額をご提案する60秒査定をご利用ください。