中間省略について

中間省略で売却コストを節約

 中間省略の利用で30万円~40万円もお得になります。

 中間省略における私たちのお仕事は、お客様からマンションを買い取り、それをマンションを必要とする別のお客様に販売することです。 ここでキーワードとなるのが表題にある「中間省略」という言葉です。 これは正確には「中間省略登記」という不動産売買のテクニックを指す用語なのです。ちょっと、難しくなるので具体例を挙げて説明していきましょう。

 マンションの売主様であるお客様をA、マンションの買取業者である私たちをB、私たちが買い取ったマンションの購入者の方をCとしましょう。下図のようにマンションの所有権はA→B→Cと移転しているのがお分かりかと思います。このとき通常の取引であれば、所有権が移転するごとに、BとCにそれぞれ登録免許税、不動産取得税が発生します。中間省略登記とはこの所有権をA→Cといったように、Bを省略して移転することです。この手法を用いると、Bは登録免許税・不動産取得税の支払いが免除されその分買取のコストが抑えれれるということになります。
 大手不動産会社では中間省略を利用した売買取引を、業務上の効率化等を目的として禁止としているところがほとんどです。
 そのため買主が業者への転売を目的とする不動産会社であった場合、買主が負担する購入の諸費用は仲介料だけではなく、登記費用等が加わります。その分買主側は、買取金額を下げてしまうことになります。