住みたい街

おしゃれなイメージを持つ目黒は意外にも住みたい街として人気?暮らしやすいと話題の理由とは

目黒に住みたいと思う人が多いみたいですが、どんな街ですか?あと、自分にとって住みやすい街かどうか判断したいので、家賃や治安など必要な情報を教えてください。

といった悩みにお答えします。

本記事の内容

  • 目黒はどんな街なのか?
  • 目黒の家賃相場について
  • 目黒が人気な理由
  • 物件の選び方

品川区大崎にある目黒は、中目黒に近いこともあっておしゃれで落ち着いた大人の街という印象が強いのではないでしょうか。

駅周辺には大きなタワーマンションや、ビジネスビルも多く、ビジネスマンが多く行き交う街です。

しかし、駅から離れると住宅街に差し掛かり、閑静な街並みが広がっています。

意外にも暮らしやすい環境が整っており、住みたい街として安定の人気を誇っているのです。

ただ、住宅街には坂が多いので、物件選びの際には実際に歩いてみるといいでしょう。

関連記事【最新版】首都圏の住みたい街ランキングBEST10をご紹介!

関連記事【最新版】東京の住みやすい街10選【引越しするならどこ?】

関連記事理想の一人暮らしを叶える!関東・関西の住みたい街をランキングで紹介

目黒はどんな街なのか

目黒はどんな街なのか

目黒駅があるのは、東京都品川区大崎です。

目黒川やおしゃれな雰囲気をイメージする人が多いかもしれませんが、実は暮らしやすいともいわれているエリアなのです。

駅周辺にはタワーマンションが立ち並び、芸能人や有名人が暮らしていると言われていますが、駅から少し離れると閑静な住宅街に差し掛かります。

そこでは長年暮らしてきた住民も多く、昔ながらの地域イベントが盛んだったりと、庶民的な一面もあります。

また、JR山手線でいえば、恵比寿と五反田の間に位置しており、オフィス街へのアクセスも申し分ありません。

中には、徒歩や自転車で通勤する人もいるようです。

そのため、働き盛りのサラリーマンが多く暮らしており、大人の街だといえるでしょう。

それでは、目黒の基本的なデータを見ていきましょう。

人口

目黒駅が位置しているのは品川区なので、品川区の人口を見ていきましょう。

品川区の人口総数は、約40万人です。

かなり多くの人が暮らしており、前月よりも増加傾向にあるため年々人気が高まっていることもわかるでしょう。

世帯数は約22万世帯で、単純計算だと1世帯当たり1.8人が暮らしており、ファミリー層よりも単身世帯の方が若干多いといえます。

オフィス街が近いということもあり、単身世帯人気がある街なのでしょう。

男女比に関しては1:1ですが、若干女性の方が多く、女性でも暮らしやすい環境が整っていることがわかります。

項目総数内訳全月比
世帯数228,558世帯日本人:221,450世帯外国人:7,108世帯1,039世帯
人口総数406,038人男:198,924人女:207,159人442人増
日本人392,995人男:192,452人女:200,503人518人増
外国人13,128人男:6,472人女:6,656人76人減

治安の良さ

目黒は治安がいいエリアです。下記の表は、品川警察署で認知された刑法犯の件数です。

過去5年間の総数は年々減少しており、暮らしやすい環境が整ってきていることがわかります。

女性の人口も多いため、一人暮らしでも安心できる街なのでしょう。

2016年2017年2018年2019年2020年
件数455件434件419件392件388件

また、家賃が高いこともあり、住民の質が高いことも治安の良さを後押ししています。

ただ、住宅街には狭い道もあるようなので、物件選びの際にはあらかじめ確認しておきましょう。

アクセスの良さ

目黒駅には、4路線が乗り入れているターミナル駅で、都内の主要駅へのアクセスが抜群です。

ほとんどの駅までは乗り換えなしで、約20分以内で行くことができるので、通勤や通学、休日のお出かけにも便利でしょう。

また、品川駅までは約8分で行くことができるため、新幹線を使って遠出する機会が多い人にもおすすめの駅です。

【目黒駅から使える路線】

  • JR山手線
  • 東急目黒線
  • 東京メトロ南北線
  • 都営三田線

目黒の家賃相場について

それでは、目黒駅周辺の家賃相場を間取りごとに見ていきましょう。駅から徒歩5分以内の賃貸物件で比較していきます。

間取り家賃相場
ワンルーム10.9万円
1K12.2万円
1DK14.4万円
1LDK18.1万円
2K15.4万円
2LDK22.8万円

都内の平均家賃が約8万円なので、全体的に相場が高いことがわかります。

ワンルームでも約10万円なので、経済的に余裕がないと生活が厳しくなるかもしれません。

駅前にはタワーマンションが並び、都内のどこに行くにもアクセスがいいことから暮らしやすい環境が整っている分、家賃が高いのでしょう。

2LDKとファミリー向けの間取りだと非常に高額になるため、単身世帯向けの街といえるかもしれません。

また、目黒駅周辺で家を購入する場合の価格相場は、約13,000万円とかなり高額です。

暮らしやすい環境が整っていることもあり、年々価格相場は上昇傾向にあります。

タワーマンションが建っていることも一因として考えられるでしょう。

中には3,000万円台で購入できる家もありますが、駅から遠かったり設備が不十分な可能性もあるため、価格だけで判断しないようにしましょう。

周辺駅との比較

目黒駅周辺の駅と家賃相場を比較していきましょう。

単身世帯向けのワンルームから1DKの間取りで比較していきます。

駅名家賃相場
目黒駅11.77万円
恵比寿駅12.92万円
渋谷駅14.26万円
五反田駅9.81万円
白金台駅12.42万円
六本木一丁目駅14.33万円
不動前駅9.77万円
西小山駅8.82万円

目黒駅周辺の駅は、全体的に家賃相場が高いことがわかりました。

特にJR山手線沿いや、東京メトロ南北線沿いの駅では、家賃相場が高い傾向にあります。

渋谷方面、六本木方面に向かうと、目黒駅よりも相場が高額になっているので、金銭的な余裕が必要になるでしょう。

家賃を抑えたいのであれば、東急目黒線の不動前駅や西小山駅の方面で探してみるのがおすすめです。

目黒が人気な理由

芸能人や有名人が住んでいる目黒は、憧れの街として人気を誇っています。

また、目黒が人気な理由としては、ブランド力のほかにアクセスの良さが挙げられるでしょう。

オフィス街などの都内の主要駅までのアクセスがいいので、通勤や通学、休日のお出かけにも非常に便利です。

さらに治安がいいのも、魅力的なポイントではないでしょうか。

女性が多く暮らしており、家賃が高いことで住民の質が高く、犯罪件数が少ない傾向にあります。

女性の一人暮らしや子供がいる家庭でも暮らしやすい環境が整っています。

ここからは、目黒が住みたい街として人気な理由について、詳しく解説していきます。

オフィス街にも繁華街にも行きやすい

目黒駅は、JR山手線や地下鉄が合計4路線乗り入れているターミナル駅です。

首都圏のどの方向に向かってのアクセスも良く、通勤や通学に非常に便利です。

東急目黒線は、東急東横線への直通運転も行われているので、横浜方面へのアクセスも良く、都内だけでなく移動しやすいです。

また、品川駅までも10分以内で行けるので、出張などで新幹線を利用する頻度が高い人にもおすすめの駅でしょう。

東京メトロ南北線を使えば、永田町や溜池山王、都営三田線を使えば日比谷や大手町などのオフィス街へも乗り換えなしで行くことができます。

そのほかにも、六本木や白金台といったおしゃれスポットへのアクセスも抜群です。

駅前にはバスターミナルが広がっているので、電車や徒歩でアクセスしづらい場所までも行きやすく、どこに行くにしても便利だと感じることでしょう。

駅名所要時間乗り換え回数
新宿駅約12分乗り換えなし
渋谷駅約5分乗り換えなし
池袋駅約22分乗り換えなし
東京駅約21分乗り換えなし
品川駅約8分乗り換えなし
大手町駅約21分乗り換えなし
六本木一丁目駅約9分乗り換えなし
白金台駅約2分乗り換えなし

買い物しやすい環境

目黒駅には駅直通の商業施設「アトレ」があります。

スーパーやショッピングができるお店が豊富に入っているので、仕事帰りの買い物にも便利です。

服屋や雑貨屋があるため、わざわざ都内まで出なくても生活に必要な物を揃えることができるでしょう。

駅周辺のスーパーは「ザ・ガーデン自由が丘」や「まいばすけっと」「東急ストア」などがあり、高級志向から庶民派までそろっています。

ライフスタイルや欲しい食材に合わせて使い分けられます。

昔ながらの商店街、「目黒駅前商店街」「権之助坂商店街」があり、総菜屋さんやパン屋さんなど生活に密着したお店が立ち並んでいます。

自炊をしない人や、たまには料理をお休みしたい時も非常に便利です。

駅前には総合ディスカウントストアの「ピカソ」があるので、生活必需品や雑貨、食品など幅広い商品を格安価格で手に入れることができます。

24時間営業のお店で、帰りが遅くなっても買い物できるのが嬉しいポイントでしょう。

自然を身近に感じられる

都心でありながら自然を感じられるスポットが身近にあるもの魅力の1つです。

有名なのは目黒川で、季節によって異なる表情を楽しむことができます。

自然に触れたくなったときには、「東京都庭園美術館」に行ってみましょう。

旧朝香宮邸は、現在東京都庭園美術館として開放されています。昭和8年に竣工された歴史を感じる建物で、展示も定期的に入れ替わるので、何度訪れても飽きが来ません。

日本庭園と西洋風の庭園があり、庭園を見るだけなら200円で入園できます。2つの庭園を見ながら散歩してリフレッシュしましょう。

また、駅から少し歩くと「大円寺」も自然を感じられるお寺です。

五百羅漢像が建っていたり、聖母マリア風の像があったりと歴史を感じられるスポットでもあります。

地域のイベントが盛んで交流できる

目黒はおしゃれで大人な街というイメージがあるかもしれませんが、意外と庶民的なエリアでもあるのです。

盆踊り大会や目黒のさんま祭りといった地域のイベントが開催されており、住民通しの交流も盛んなのです。

駅のそばにある商店街には昔ながらのお店もあり、親しみやすい雰囲気も感じられます。

休日にはお店めぐりをして、行きつけのお店を作るのも楽しいでしょう。

子育て支援制度は種類豊富

目黒駅のある品川区は、子育て支援に力を入れている区としても有名なのです。

オフィス街の印象が強いですが、実は区の半分を住宅街が占めています。

待機児童の数が少なく、パートで働く人のために短時間労働向けの保育園もあるのです。

それだけでなく、子育て支援も充実しています。

一時保育や休日保育は品川区独自の制度で、忙しい家庭のサポートをしてくれます。

一時保育では、保護者が何らかの事情で一時的に保育できない場合に、区立の保育園が子供を預かってくれます。

休日保育は、仕事などの事情で休日に子供の面倒が見れないときに、保育園に子供を預けられる制度です。

「しながわパパママ応援アプリ」では、スマートフォンのアプリで子育て関連の情報を得ることができる制度です。

コラムやレシピ、産前産後のケア情報などを配信しているだけでなく、子育て日記をつけられたりGPSの使用によって子育て施設を検索できます。

  • 子どもすこやか医療費助成
  • 高校生等の入院医療費助成
  • 一時保育・休日保育
  • しながわパパママ応援アプリの配信
  • 保育園給食放射線物質検査
  • ひとり親家庭自立支援給付金事業

子育て支援や環境の充実度は高いですが、ファミリー向けの物件の家賃相場が高いことが懸念点でしょう。

経済的に余裕がないと、生活が苦しくなるかもしれません。

物件の選び方

目黒は暮らしやすく、通勤や通学にも便利な街だということがわかりましたが、物件選びを間違えてしまうと暮らしにくさを感じるかもしれません。

ここからは物件選びのポイントについて解説していきます。

自分のライフスタイルに合った物件を見つけて、快適な暮らしを実現しましょう。

家賃は負担にならないか

良い物件を見つけてもその場で契約するのは控えましょう。

条件がいいほど家賃が高くなる傾向にあるので、長期間支払い続けられる家賃なのかを判断しなくてはなりません。

家賃は手取り収入の3分の1が妥当なラインだといわれています。

以下の表は年齢と収入別に家賃の目安金額を出したものです。

今の自分に適している家賃の目安を把握してから、物件選びに取り掛かりましょう。

年齢男女計平均年収家賃の目安
~19歳268万円7.4万円
20~24歳341万円9.4万円
25~29歳434万円12.0万円
30~34歳509万円14.1万円
35~39歳563万円15.6万円
40~44歳596万円16.5万円
45~49歳632万円17.6万円
50~54歳683万円18.9万円

目黒の家賃相場はワンルームで10万円台となっているので、経済的に余裕がないと暮らしていくのは厳しいかもしれません。

生活を圧迫しないかどうかを慎重に考える必要があるでしょう。

家賃を抑えたいのであれば、東急目黒線沿いの不動前駅方面で物件を検討してみてください。

さらに、ファミリー向けの間取りである2LDKは22万円台が相場となっているので、家族で暮らすのも家賃がネックになってくるでしょう。

周辺の環境は生活しやすいか

物件そのものだけでなく、周辺の環境にも目を向けてみましょう。

一般的にはスーパーやコンビニ、病院があると住みやすい環境だといわれています。

しかし、必要になる施設は人によるため、自分の生活にはどんな施設が必要なのか振り返ってみましょう。

リストアップしておくと、漏れなくチェックできるので、物件選びまでに表にしておくのがおすすめです。

また、必要な施設は駅と自宅の道の途中にあると便利なので、どの場所に何があるかも確認しておきましょう。

部屋の設備は充実しているか

コンロが1口しかなくて自炊するのに時間がかかってしまったり、収納スペースが思ったよりも狭くて物が入りきらなかったり、ユニットバスのお手入れが思ったよりも大変だったなど、住んでみると思わぬ困難に直面するかもしれません。

こういったことを防ぐためには、必ず押さえておきたい設備や、妥協できるラインなどを明確に決めておくことをおすすめします。

例えば、バストイレは別・コンロは2口以上・駐輪場があるなどの条件を決めておきましょう。

最低限のラインを決めておくことで、欲しい機能が揃った物件を選ぶことができるので、快適な暮らしを送ることができます。

防犯性が高いか

目黒は治安が良く安全なエリアですが、防犯性の高い物件を選んでおいて損はないはずです。

特に女性の一人暮らしや子供のいる家庭では、防犯性は気になるポイントになるはずです。

窓やベランダなど空き巣の侵入経路になりうる場所は、外に面していて人目に触れるようになっているでしょうか。

物件自体に防犯カメラやオートロックなど、防犯性を高める機能があるとより安心でしょう。

また、駅までの道も暗いところや狭い道がないかを確認しましょう。

実際に物件までの道を歩いてみることがおすすめです。

日中と夜間、平日と休日などタイミングを変えて何回か歩いてみてください。

目黒は住宅街に入ると坂が多くなるので、坂の度合いを確かめるためにも有効な方法です。

目黒は昔ながらの街並みの残る落ち着いた街

目黒は都会でありながら昔ながらの雰囲気も残る落ち着いた街です。

駅前には商業施設やタワーマンションが広がっていますが、商店街もあるので地域との交流もできますし、歴史感じるお店で一息つくこともできるでしょう。

また、都内の主要駅までは基本的に乗り換えなしで行くことができるので、通勤や通学、出張にも便利です。

ただ、家賃相場が高いので経済的な負担が大きくなります。

単身世帯向けの間取りでも10万円が相場となっているので、物件選びの際に長い目で選ぶようにしましょう。

関連記事【最新版】首都圏の住みたい街ランキングBEST10をご紹介!

関連記事【最新版】東京の住みやすい街10選【引越しするならどこ?】

関連記事理想の一人暮らしを叶える!関東・関西の住みたい街をランキングで紹介

コロナ禍では会わない物件探しを推奨

イエプラの3つの特徴

  1. 全部チャットで完結
  2. 毎日深夜0時まで営業
  3. 未公開物件も多数紹介

また、大手不動産サイトで問題となっている、集客用の「おとり物件」は一切ありません

「コロナで会うのが怖い。」「なかなか良い物件が決まらない。」「夜遅くじゃないと時間が取れない。」そんなお悩みをお持ちのお客様にはイエプラがおすすめです。

完全無料で利用できます

イエプラでお部屋を探してみる

※登録はメールアドレスとパスワードを入力するだけ!

この記事を書いた人

たむたむ

20代女性

フリーライターとして活動しています。現在は都内で暮らしていて、仕事場としても充実しているより良い家を探しています。将来は素敵な家で、ペットに囲まれて暮らしたいです!趣味はライブやフェスに行くことで、好きなバンドはクリープハイプ。小説や漫画、映画も大好きです。

-住みたい街