マンション購入

マンション購入にクレジットカードの利用状況はどう影響する?

マンションを購入の際に、住宅ローンの審査にクレジットカードの利用はどう影響しますか?そもそもマンションはクレジットカードで購入できるのでしょうか?

といった悩みにお答えします。

本記事の内容

  • マンションを購入する際にクレジットカードは利用できる?
  • マンションを購入する場合クレジットカードの利用状況は影響する?
  • マンション購入をクレジットカードで行う場合の注意点
  • マンション購入における住宅ローン審査前に行うクレジットカードの対策

マンションを購入するとなると非常に高額な買い物となります。

一生に一度あるかないかといった金額を支払うことになりますので購入時にはしっかりと資金計画を立てておかなければいけません。

近年、キャッシュレスの決済が非常に多くなっており、ポイントが貯まるといった理由などからクレジット決済や電子マネー決済が多く見かけられます。

では、マンションなど非常に高額な金額の購入もクレジットカードで購入できるのでしょうか?

この記事ではマンション購入をクレジットカード利用が可能なのか?

もしクレジット利用ができる場合のメリットやデメリットなどについて詳しく解説します。

マンションを購入する際にクレジットカードは利用できる?

マンションを購入する際にクレジットカードは利用できる?

日用品の購入や、飲食代の支払いなどクレジットカードを利用するシーンは近年大きく増えています。

要因の一つとして、わざわざ現金を持ち歩かなくてもよいことがまず挙げられるでしょう。

ただし一般的にクレジット利用の多くは、そう高額なものではないケースが多いといえます。

では、マンションなど高額なものまでクレジットカードが利用できるのでしょうか?

マンションをクレジットカードで購入することは可能

全てのクレジットカードが可能というわけではありませんがクレジットカードを利用してマンションを購入することは可能です。

また、取り扱う不動産会社などによってもクレジットカードが使えるかどうかが異なります。

大前提は利用上限額がないものに限られるという点です。

つまり、一般的に利用されているクレジットカードは、利用の上限額が定められているために、ほとんどのマンションでは、購入は難しいといえるでしょう。

どうしてもクレジットカードでマンションを購入したい場合は、自分の保有しているクレジットカードの利用上限額がどうなっているのかを調べる必要があります。

もし利用上限額がマンションの購入費用よりも低い場合は、当然マンション購入にクレジットカードの利用はできません。

この場合、利用上限額のないクレジットカードを新規で作る必要がありますが、利用上限額のないカードとなるとアメックスやダイナーズクラブ等限られてしまいます。

しかも、利用上限額がないカードとなるとそれなりに資産状況や高収入の人に限られてしまうので簡単ではありません。

マンション購入にクレジットカードを利用したい場合は、利用上限額のないカードが必ず必要といえるでしょう。

マンションをクレジットカードで購入することのメリット

ではなぜ、クレジットカードを利用してマンション購入をしたいと考えるのでしょうか?

クレジットカードを利用することで得られるメリットがあるためなのですが、どのようなメリットが考えられるのでしょうか?

クレジットカードが最近よく利用されることの理由としてポイントが貯まる点が挙げられます。

クレジットカード利用金額の1%前後のポイントが付き、現金と同じように利用できることがクレジットカードを利用するメリットです。

前述しましたが、マンションを購入する場合、非常に大きな金額を支払うことになるのですがこの金額にポイントが付くとなるとどうなるのでしょうか?

例えば、3,000万円のマンションを購入した場合、1%のポイントが付いたとすると30万円分のポイントを得ることができるのです。

現金で購入しても30万円分のキャッシュバックなどはありませんので非常に大きなメリットといえるでしょう。

次の理由としては手数料を省くことができるといった点です。

金融機関から、購入代金などを振り込む場合にかかる費用が振込手数料です。

一般的に振り込む金額に応じて振込手数料がかかるのですが、マンションなどの高額な買い物となると、振込手数料は金融機関が指定する最大の金額がかかります。

しかし、クレジットカードを利用するとこのような手数料の支払いが不要です。

余計な費用負担を抑えるといった点でも、クレジットカードの利用はメリットといえるでしょう。

マンションをクレジットカードで購入するデメリット

クレジットカードを利用してマンションを購入することはメリットばかりではありません。

デメリットもありますので、メリットとデメリットをしっかり理解してクレジットカードを利用するかどうかを判断する必要があります。

ではデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

最も大きなデメリットは、どのマンションでもクレジットカードが利用できるわけではないという点です。

マンションによっては不動産会社や売主から拒否される場合があります。

これは、買主はクレジットカードですぐに決済ができても、実際に現金が売主の元に届くのが若干のタイムラグが発生するなど不具合が生じることがあるためです。

マンションの購入代金を売主は支払い、買主は所有権の移転手続きを行い引き渡しとなるのですがタイムラグが発生すると決済ができない可能性も考えられます。

このように決済に不具合な点がデメリットといえるでしょう。

もう一つのデメリットがクレジットカードでのマンション購入は現金一括のみだという点です。

マンション購入をクレジットカードで決済する場合、分割払いではなく一括のみの支払いということになります。

つまり、それだけの現金がなければクレジットカードの利用はできません。

一般的にマンションを購入する場合、多くは住宅ローンなどを分割し長期間分割して借入金を返済していきながらマンションを保有しています。

クレジットカードを利用する場合は、現金一括購入できる人でなければ利用することができません。

これもデメリットして挙げられます。

マンションを購入する場合クレジットカードの利用状況は影響する?

 

先ほど、マンションの購入の大部分は住宅ローンを利用しての購入が多いと述べました。

しかし、住宅ローンは誰もが借りることができるというわけでありません。

金融機関の審査を経て借りることができるかどうかが決まります。

金融機関の審査内容は、詳しくは公表されていませんので一概にはいえません。

しかし、住宅ローン審査においてクレジットカードの利用状況が影響する場合があるのです。

ここからは、住宅ローンとクレジットカードの関係性について解説します。

住宅ローンの審査とクレジットカード利用履歴の影響

住宅ローンの審査において、住宅ローンの申し込み時点で申込者は、どの程度クレジットカードでの借り入れがあるのかといった点をチェックします。

クレジットカードで決済するお金もいわば債務という扱いになるのです。

住宅ローンの申込者が現在どの程度の債務があるのかといった点をチェックして、住宅ローンの審査は判断されます。

このクレジットカードでどの程度借り入れがあるのかという点については個人でチェックすることも可能です。

信用情報の調査機関は全部で3種類

  • CIC
  • JICC(日本信用情報機構)
  • KSC(全国銀行個人信用情報センター)

これらは取り扱う情報がそれぞれ異なっていますので、全ての債務を確認するにはすべての信用情報機関を調べる必要があります。

3機関とも郵送だと1,000円程度で調べることが可能です。

住宅ローン審査に悪影響のクレジットカード利用状況とは

クレジットカードの利用履歴が住宅ローンの審査に影響すると前述しました。

では、どのような利用状況だと住宅ローン審査に悪影響を及ぼすのでしょうか?

以下の内容が挙げられます。

  • クレジットカードの支払いを滞納している
  • 分割払いにおいて未返済の残高が多い
  • クレジットカードでのキャッシングを利用している
  • キャッシング可能なクレジットカードを保有している

特にマイナス要因となるのがクレジットカードの支払いを滞納している点です。

支払いを滞納しているということは支払えるだけの資力がないと判断されてしまうのです。

住宅ローンの審査を受ける前に滞納がある場合は必ず解消しておく必要があるでしょう。

また、クレジットでキャッシングを利用している場合においても早めに解消しておくことをおすすめします。

基本的に、クレジットとはいえ滞納やお金を借りるなどの行為は、住宅ローン審査において大きなマイナス要因といえるでしょう。

住宅ローン審査に大きな影響がないクレジットカード利用状況

次にクレジットカードを利用していてもあまり住宅ローンの審査に影響しないものについて解説します。

単純にクレジットカードを利用するだけならば特に大きな影響はありません。

またクレジットカードはキャッシング枠がないカードを保有している方が、より審査への影響はないといえるでしょう。

また、キャッシング枠がないクレジットカードであれば複数枚保有していても大きな影響はありません。

クレジットカードで高額な買い物をしたとしてもきちんと滞納がなく、支払い済みである場合も大きな影響はないといえるでしょう。

マンション購入をクレジットカードで行う場合の注意点

クレジットカードによりマンションを購入する場合、どのような点に注意しておけばいいのでしょうか?

クレジットカードでのマンション購入は、前述した部分もありますが注意点について解説します。

利用限度額の上限がないカードでの購入が必要

どのクレジットカードでも有効ではありません。

前述しましたが、基本的には利用限度額の上限がないクレジットカードのみ利用可能となります。

一般的なクレジットカードの利用上限額は、決してマンションを購入できるくらいに高く設定されていません。

クレジットカードでのマンション購入を考えている際は、必ず利用金額に上限のないクレジットカードを利用しましょう。

不動産会社やカード会社はあまりすすめていない

実は、不動産会社やカード会社はマンション購入をクレジットカードで行うことを進めていません。

クレジットカードを利用した購入は、手数料などがかからない点がメリットだと述べました。

では、そのような手数料をどこが負担しているのかというとマンションを取り扱っている不動産会社が負担することになります。

そのため、余計な出費が加算されることになりますので、不動産会社はあまりクレジットカード利用によるマンション購入を進めてはいないのです。

カード会社も同様にあまりマンション購入をカード利用することを進めていません。

これは、マンションの購入費用をいったんカード会社が立て替えて支払うことになり非常に高いリスクとなることが挙げられます。

これらの理由により、マンション購入をクレジットカードで行うことはあまり進められていないのです。

カードでの支払いは一括払いのみ

こちらも前述しましたが、クレジットカードでマンションの購入を行う場合、分割払いはできません。

全て一括払いとなるので、マンションを購入するだけの現金を保有しておく必要があります。

つまりハードルは非常に高いということになり、現金を持っている人のみが利用できるということになるでしょう。

マンション購入における住宅ローン審査前に行うクレジットカードの対策

クレジットカードを利用してマンションを購入するほかに住宅ローンの審査においてクレジットの利用状況は大きく影響すると前述しました。

ここからは住宅ローンにクレジットカードが影響しないような対策について解説します。

使っていないカードは即刻解約する

キャッシング枠がないクレジットカードなら複数枚保有していても住宅ローンには大きな影響はないと述べました。

しかし、複数枚持っていることは決して良いというわけではありません。

ですので、すでに利用していないクレジットカードについては即刻解約したほうがいいでしょう。

余計な年会費がかかる場合もありますし、特に使っていなければ保有しておく必要性はありません。

住宅ローンの審査前に使っていないクレジットカードは解約することをおすすめします。

返せる残債は返済する

クレジットカードを利用した残債は、債務として受け取られます。

それにより、住宅ローンの借りたい金額に届かないことも考えられるのです。

住宅ローンの審査前に返せる残債はできる限り返済しておきましょう。

残債を減らすことで、住宅ローンの希望借入額に届く可能性も高まります。

審査前後で新たにクレジットカードをつくらない

審査の前後でクレジットカードの申し込みは控えておきましょう。

特に審査中に新しいカードを作成するとなると、金融機関側の印象は悪くなってしまいます。

住宅ローンの審査が終わった後に新たな借り入れをするのではないかといった疑念を抱かせてしまうからです。

また審査前にクレジットカードを作成するのも控えておきましょう。

審査時点では使用していないとしても、クレジットカードを作成するということは新たな借り入れを起こす可能性が高まると考えるからです。

何気に作成したとしても上記のような影響を及ぼし決してプラス要因にはなりません。

収入と残債のバランスを考える

収入と残債のバランスを十分に理解したうえでクレジットカードを利用しなければいけません。

というのも、今後住宅ローンを借りるとなると毎月の返済が増えることになります。

収入に見合わない残債が残っていると、この上住宅ローンの返済は厳しいと判断される可能性があるのです。

住宅ローンの審査を受ける前にクレジットカードの返済がどの程度あるのか?

無理なく返済できるのかといったバランスを考え、少し厳しいと感じたならば、住宅ローンの審査前にクレジットカードの残債を減らすことを先に行う必要があります。

まとめ

マンション購入においてクレジットカードの利用は可能ですが、さまざまな制限があります。

また基本的に、マンションを購入できるだけの現金を保有していなければクレジットカードの利用は難しいでしょう。

しかし、ポイントの還元などのメリットもありますので、この記事を参考に自分にとってどの程度メリットがあるのかをしっかりと分析しましょう。

この記事を書いた人

清水みちよ

30代女性

資格:宅建・FP2級・通関士・総合旅行業務取扱管理者

大学生の時に一人旅に目覚め、海外50か国以上を訪れました。その経験を武器に新卒で旅行会社に入社しましたが、入社数年で倒産という憂き目にあってしまいます。悔しさをバネに宅建・通関士・FP資格を無職期間の4年でゲット!現在は不動産会社の窓口勤務ですが、コロナ渦で週休4日ペースが続いているため、新しい資格取得に向けて日々奮闘中です。趣味はペット。特技は英会話。

-マンション購入