マンション購入

マンション購入と賃貸ではどんなメリットやデメリットがある?

マンションを購入するか賃貸にするか悩んでいます。それぞれメリットとデメリットを教えてください。最終的にはどちらにしようか決めたいと思っています。

といった悩みにお答えします。

本記事の内容

  • マンション購入のメリットとは?
  • マンション購入のデメリットとは?
  • マンションを購入するより賃貸にするメリットとは?
  • マンションを購入するより賃貸にするデメリットとは?
  • マンション購入と賃貸のメリット・デメリットを比較した結果、最終的にどちらがいい?

よく、不動産系の雑誌などを見てみると、マンションは購入したほうがいいのか賃貸の方がいいのかといった記事が掲載されていことがあります。

その人のライフスタイルが影響することや、時代の流れといった部分においても、どちらがいいのかということは変わってくるかもしれません。

しかし、購入でも賃貸でも、メリット・デメリットをしっかり把握しておかなければ、どちらがいいかの判断にも誤りが出るでしょう。

この記事では、購入と賃貸のメリットやデメリットを比較しやすく同数ずつ取り上げて、詳しく解説していきます。

マンション購入のメリットとは?

マンション購入のメリットとは?

まずは、マンションを購入した場合のメリットについて考えてみましょう。

マンション購入においてあげられるメリットは主に3点です。

一般的に聞いたことがあるメリットかもしれませんが、賃貸と比較しやすい項目について挙げてみました。

最終的には自分の資産となる

最も大きなメリットといえるのが最終的には自分の資産となる点でしょう。

賃貸のまま家賃を払い続けたところで、何も残らないと考えている人は、購入して最終的な資産になる購入がいいかもしれません。

もしかすると、購入時とほとんど変わらない金額で売却できたり、高値で売却できたりするケースも考えられます。

また、資産となると、マンションを担保に新たな融資を引き出せることも可能ですので、なにか事業を行いたい場合も有効に活用することができます。

最終的には自分の資産となるので、住宅ローンも目的をもって支払いができるので、仕事のモチベーションアップにできるかもしれません。

自分の持ち物となる点は大きなメリットであるといえるでしょう。

改装など自由度が高い

自分好みの部屋に改装できるといった、自由な点もメリットとして挙げられます。

マンションを購入する場合、基本的に長期的な住まいを目的として購入するケースが多く、その間にライフサイクルが変わることがあるでしょう。

例えば、

  • 子供ができて家族が増えた
  • 子供が独立して居住の人数が減った

等が挙げられます。

自分で購入したマンションなので、誰の承諾を得ることなく改装して、ライフスタイルに合わせることが可能です。

また、設備面でも、自分好みのグレードに設備を変えることもできます。

設備の不具合や住み心地の悪さを、改装することによって解消し、快適な生活を送り続けることができる点もマンション購入の大きなメリットです。

安心して老後まで住むことも可能

賃貸の場合、多くの人が不安に感じることは、収入がなくなっても住むことができるのかという点です。

実は、マンションを賃貸にする場合、誰でもが簡単に借りることができるわけではありません。

大家さんや管理している不動産会社の審査があり、審査によっては借りられない場合もあります。

審査の内容は、マンションのオーナーさんや不動産会社の基準によってそれぞれ異なりますが、収入面での審査は通るか通らないかの大きなポイントです。

つまり、老後の収入が年金のみなどになった場合は、簡単に部屋が借りられない可能性も考えられます。

しかし、マンションを購入していると、自分の持ち物なので安心して老後でも住み続けることが可能です。

この点においてマンションの購入にメリットを感じる人も多いといえるでしょう。

マンション購入のデメリットとは?

マンション購入のデメリットとは?

マンション購入のデメリットもしっかりと把握しておくために、メリットと同じく3点を挙げて解説します。

修理や維持管理費用もすべて負担する

「月々これだけの住宅ローン支払いでマンションが購入できる」と、賃貸で借りるよりも安い金額で購入できるような分譲マンションのチラシを目にすることがあります。

しかし、分譲マンションを購入した場合、住宅ローンの返済だけが月々にかかる費用ではありません。

他にも月々、共益費や修繕積立金といった維持管理に必要な支出があります。

マンションは、一定のサイクルで全体的な改修工事を行いますが、その費用は毎月修繕積立金によってマンションの所有者全員で負担しなければいけません。

また、共用部分の清掃費用やエレベーターの点検費用といった維持管理費用もマンションの所有者が負担している共益費から支払われています。

このような維持管理費用の負担が必要です。

また、部屋内において設備が故障した場合、賃貸の場合は所有者である貸主が負担して修理してくれますが、購入している場合は自分が所有者ですので、自分で設備費用を負担しなければいけません。

このような全体改修も含めた修繕費用の負担は賃貸と比較してデメリットといえるでしょう。

住宅ローンの支払いが大変

住宅ローンの支払いは、基本的に減ることはありません。

急に会社が倒産して一時的に無収入になってしまったり、転職によって収入が減ったりした場合でも、住宅ローンは一定額を支払い続ける必要があります。

賃貸マンションの場合は、ライフスタイルの変化に合わせて、家賃が安いマンションへの引っ越しが可能ですが、購入した場合は、不測の事態があって収入が減っても、住宅ローンの支払額は変わらないのでローンの支払いが大変になる場合があります。

簡単に引っ越しできない

マンションを現金一括購入した場合は、売却して引っ越しすることは可能です。

しかし、多くの人は住宅ローンを長期間借り入れてマンションを購入しています。

つまり、返済が終わるまでは、基本的に引っ越しすることができません。

マンションは共同住宅のため、近隣との間にトラブルがあった場合、賃貸の場合は比較的簡単に引っ越しができますが、購入してしまうと、簡単に引っ越しすることができずに気まずい関係のまま顔を合わせることになるかもしれません。

住宅ローンの残債を上回る金額で売却すると、すべて返済できるので引っ越しも問題なくできるでしょう。

しかし購入期間がまだ短い場合などは、ローンの残高が上回っているケースが多いので、気に入らないからすぐ売却とはいかないのです。

簡単に引っ越しができない点もデメリットといえます。

マンションを購入するより賃貸にするメリットとは?

マンションを購入するより賃貸にするメリットとは?

ここまでは、マンション購入におけるメリットやデメリットについて解説しました。

もちろん、賃貸にする場合にも、メリットやデメリットがあるので、マンションを購入する場合のと比較しやすいメリットやデメリットを挙げて解説します。

ライフスタイルに合わせて引っ越しが可能

先ほど、マンション購入におけるデメリットとして簡単に引っ越しができない点を挙げました。

賃貸の場合は、ライフスタイルの変化に合わせて引っ越しすることが可能な点が大きなメリットとして挙げられます。

例えば

  • 転勤により住んでいる場所からの通勤が難しくなった
  • 子供の通学に不便だから引っ越したい
  • 近所のスーパーがなくなって買い物が不便になった

が挙げられます。

住んでいるエリアに住み続けることが不自由になった場合に、賃貸の場合だと引っ越しがしやすいのです。

また、マンションは共同住宅なので、全員があなたにとっていい隣人とは限りません。

近隣とのトラブルが精神的に負担となった場合も、引っ越しによって環境を変えることができる賃貸の方が、マンションを購入よりも比較的簡単です。

維持管理や修繕は基本オーナー負担

マンション購入で前述した修理や維持管理費用もすべて負担するといったデメリットは、賃貸のメリットに直結します。

賃貸の場合、全体改修費用は基本的に貸主である所有者が行わなければいけません。

また、設備が故障してしまう場合にも貸主が費用負担を行います。

設備の故障は、突発的に何十万円もの費用を負担しなければいけなく、経済的に大きなダメージです。

マンションを購入してしまうと、修繕負担は所有者であるあなたです。

お金が工面できない場合、しばらくは設備を修理せずに我慢しなければいけないかもしれません。

もし、賃貸の場合、設備が故障してしまいオーナーが修理を怠ってしまうと、家賃の減額請求対象となってしまうのですぐに修理してくれます。

まとまった費用を突発的に支払う必要がない点も賃貸におけるメリットです。

最初に払う費用も安い

マンションを購入する場合は、全てを住宅ローンで賄えるわけではありません。

ある程度の自己資金が必要で、8割程度を住宅ローンで支払うのが一般的です。

つまり2割程度の自己資金が必要になります。

また、購入にかかる諸費用負担も必要ですので何百万円単位の自己資金を準備しておく必要があるでしょう。

しかし、賃貸の場合には、購入時にかかるような高額な初期費用は必要ありません。

敷金・礼金や仲介手数料など、家賃の数か月分の支払いだけで借りることが可能です。

それでも、まとまった金額にはなりますが、マンション購入と比較しても安い金額で賃貸することができます。

マンションを購入するより賃貸にするデメリットとは?

マンションを購入するより賃貸にするデメリットとは?

最後に、賃貸におけるデメリットを解説します。

家賃を払い続けても自分の資産にならない

マンション購入の最大のメリットは、住宅ローンを払い終えると自分の財産となる点です。

しかし、マンションを賃貸にする場合は、いくら長い年月同じマンションで家賃を支払い続けても自分の資産にはなりません。

これはマンションを賃貸にする大きなデメリットです。

賃貸マンションは、家賃収入をもとに所有者が賃貸経営を行って収益を上げています。

基本的に、自分の所有物を人に貸して、収益を得るというビジネスモデルですので、家賃を払い続けても資産として形成されることはありません。

老後に借りることができるのか不安

前述しましたが、マンションを賃貸にする場合は、入居にあたり審査があります。

この入居審査では、収入も審査決定に大きく影響するので、老後の年金収入だけだと賃貸することができないかもしれません。

例えば、定年退職し「収入が年金のみになったから少し安いマンションを借りよう」と思ったとしましょう。

年金収入だけでは審査基準の年収に達していないため借りることができないかもしれません。

老後に、部屋を借りることができずに悩んでしまうといった不安を解消するためにマンションを購入する人も見受けられます。

それは賃貸における老後の不安が大きなデメリットとなっていることが要因なのです。

改装など自分の思うとおりにできない

ライフスタイルの変化で住んでいるエリアを変えなければいけない場合には、賃貸の方が比較的引っ越ししやすいといったメリットがあります。

しかし、家族が増えたり減ったりしたときに、自由に改装ができないといったことが、賃貸にはデメリットとなるケースが多いようです。

基本的に、賃貸しているマンションは、所有者は貸主であるオーナーですので、改装などを行いたい場合は、必ずオーナーの承諾が必要になります。

また、賃貸における大きなメリットである設備の修理負担をしなくていい面も、自分が改装して設備を設置すると話が変わってくるのです。

この場合は、故障するまでに使用していた期間も影響しますが、あまりに早い故障だとご自身で負担しなければいけないかもしれません。

そもそも、貸主の所有物であるマンションをあなたの費用で改装すると、上記に挙げたトラブルに発展する可能性もあるので、改装を容易には認めてくれないのです。

自由に改装ができず、不満が解消されないまま借り続けるといったことにも繋がるでしょう。

マンション購入と賃貸のメリット・デメリットを比較した結果、最終的にどちらがいい?

マンション購入と賃貸のメリット・デメリットを比較した結果、最終的にどちらがいい?

ここまでは、マンション購入と賃貸におけるメリットやデメリットを比較しやすい内容で解説しました。

では、最終的にはどちらが良いの?

自分の将来設計をしっかりと考えて選択する

前述しましたが、その人のライフスタイルによって大きく状況が変わりますので、あなたにとってどちらがいいのかを判断しなければいけません。

あなたにとって、より多くのメリットを感じ、デメリットも対応できると思った方を選べばいいのです。

家賃を払い続けるのは馬鹿らしいと思っているならば購入をおすすめしますし、一定の場所に常駐せず、さまざまな場所で生活したいなら賃貸がいいでしょう。

自分の将来設計に合ったタイプの方法を選択する必要があります。

購入の場合は住めなくなった場合の対策も考える

万が一、マンションを購入したあとに、急な転勤でそのマンションに住めなくなった場合、どのような対策が取れるのかも十分に考えておく必要があります。

多くは、売却か賃貸ということになりますが、売却ならば、なるべく資産価値が落ちない場所のマンションを購入することが対策方法の1つです。

賃貸ならば、そもそも賃貸需要のある地域なのかどうなのかといった点がポイントですので、賃貸需要があるエリアのマンションを購入しましょう。

自分で利用しなくなった場合の対策を前もって準備しておくことで、急な変化にも対応しやすくなります。

まとめ

マンションを購入するか賃貸するかは、雑誌でも比較されるほど、不動産業界にとってはある種、永遠の課題かもしれません。

しかし、最も大切なのは、あなた自身がどう考えるかということです。

すぐに答えを出すのは難しいかもしれませんが、マンションの購入や賃貸におけるメリットやデメリットをあなたの立場で分析、選択することが非常に大切といえます。

この記事が、どちらを選ぶのかの判断材料として役に立てたら幸いです。

この記事を書いた人

清水みちよ

30代女性

資格:宅建・FP2級・通関士・総合旅行業務取扱管理者

大学生の時に一人旅に目覚め、海外50か国以上を訪れました。その経験を武器に新卒で旅行会社に入社しましたが、入社数年で倒産という憂き目にあってしまいます。悔しさをバネに宅建・通関士・FP資格を無職期間の4年でゲット!現在は不動産会社の窓口勤務ですが、コロナ渦で週休4日ペースが続いているため、新しい資格取得に向けて日々奮闘中です。趣味はペット。特技は英会話。

-マンション購入