マンション購入

マンションの方角は南向きがいい?各方角のメリットとデメリットについて解説します。

マンションを購入しようと思っているのですが、方角はどこ向きが良いのでしょうか?それぞれ方角のメリット・デメリットを教えてください。

といった悩みにお答えします。

本記事の内容

  • マンションの方角と人気度について
  • 南向きマンションの特徴
  • 東向きマンションの特徴
  • 西向きマンションの特徴
  • 北向きマンションの特徴
  • 風水でマンションの方角を考える

マンション住戸のメインとなる部屋(リビング)がどこを向いているのかによって、マンションそのものの価値に影響することがあります。

一般的に南向きマンションの人気は高く、北向きマンションは人気がないと言われています。

マンションを購入するときは人気の高い南向きを選ぶのが正解なのでしょうか?

実は、そうとも限りません。

各方角のマンションにはそれぞれメリット・デメリットがあり、住む人のライフスタイルや価値観によって適した方角というものがあります。

この記事では、マンションのそれぞれの方角の特徴について詳しく説明します。マンション選びの参考にしてください。

マンションの方角と人気度について

マンションの方角と人気度について

マンションの方角で最も人気が高いのは、南向きマンションです。

次いで東向きマンション、西向きマンション、そしてもっとも人気が低いのが北向きマンションとなっています。

このようにマンションの方角によって人気に差が生じるのには、日当たりが大きく影響しています。

日本人は日当たりのいい部屋を好む傾向があると言われており、それがマンションの人気順に直結しているのです。

南向きマンションの特徴

南向きマンションの特徴

マンションの方角の中でもっとも人気の高い「南向きマンション」。

その理由は、なんといっても日当たりの良さにあります。

日本は北半球に位置しているため、日中は全国どこにいても南の方面から太陽光に照らされています。

マンションが南を向いていることで、明るくて温かい空間が長時間保たれるという特徴があります。

そんな日当たりの良い「南向きマンション」のメリット・デメリットについて紹介します。

南向きマンションのメリット

日当たりの良いマンションにはたくさんのメリットがあります。

  • 昼間は電気を付けずに太陽光だけで過ごすことができ、室内照明の電気代が比較的安く抑えられる。
  • 日中であればどの時間帯でも洗濯物や寝具を干すことができる。
  • 湿気が溜まりにくく、カビなどが繁殖しにくい
  • 植物が育ちやすい環境のため、ガーデニングや家庭菜園にも適している。

日当たりが良いことでこんなにメリットがあるので、南向きマンションがもっとも人気が高くなるというのも納得ですね。

南向きマンションのデメリット

人によっては、日当たりが良すぎるとデメリットになることもあります。

日中は常に太陽光が差し込む状況ですので、夏場においては室内が暑くなりがちです。

あまりに暑いと、エアコンを強く設定してしまい電気代が余計にかかってしまうことになります。

また、直射日光によって室内フローリングなどの内装が日焼けしやすいというデメリットもあります。

フローリングの劣化を防ぐにはUVコーティング塗装を施工するなどの対策をとらなければなりません。

また、家具などの配置に関しても、劣化しやすいものは南側に置かないよう工夫する必要があります。

隣地に建物が建つと暗くなるおそれがある

南向きマンションは、南側の隣地との関係性に注意する必要があります。

太陽光は南から差し込んできますので、南側に高い建物が建つと日陰になってしまうことがあります。

現時点で南側に大きな空き地がある場合は、将来的にマンションなどの大きな建物が建築される可能性もあるということを想定しなければなりません。

既に南側隣地に建物が建っているときは、実際に室内を見て日当たり具合や建物との距離感などを確認するようにしましょう。

金額が高い傾向がある

夏は暑いというデメリットはありますが、それでも日本人は日当たりの良いマンションを好む傾向があります。

そのため南向きマンションは、他の向きのマンションよりも価格が高めに設定されていることがほとんどです。

日当たりの良さと購入価格の優先度を比較しながら購入を検討しましょう。

どんな人にオススメ?

とにかく日当たりが良いマンションに住みたいという人には南向きマンションがオススメです。

昼間に窓を開けて家事をしたい人や、植物を育てるのが趣味だという人は南向きマンションが暮らしやすいと思います。

東向きマンションの特徴

東向きマンションの特徴

南向きの次に人気が高いのが東向きマンションです。

リビングが東を向いているマンションは、朝の時間帯に最も太陽光が入ってきて、お昼から夕方の時間帯になると直接太陽光が入ってこなくなるという特徴があります。

「東向きマンション」のメリット・デメリットについて紹介します。

東向きマンションのメリット

東向きマンションの一番のメリットは、朝の日差しが入ってくることです。

朝起きたときに日光を浴びると脳が活性化し、健康的にも良いと言われています。

また、太陽の光がもっとも暑くなる昼から夕方の時間帯は直射日光が入ってこないので、涼しく快適に過ごせるというメリットもあります。

東向きマンションのデメリット

東向きマンションは西日で温まりにくいという特徴があるので、季節によっては夕方から夜中の時間帯に肌寒くなってしまうというデメリットがあります。

夕方の肌寒さが苦手な人にとっては、東向きマンションは不向きかもしれません。

どんな人にオススメ?

東向きマンションは、朝型の生活スタイルの人にオススメです。

朝起きるのが苦手という人でも朝日を浴びるとスッキリ目覚めることができ、自然と早寝早起きの規則正しい習慣が身につくと思います。

ロケーションがよければ朝日が地平線から昇る様子が見れるので、朝の時間が好きな人には打ってつけです。

西向きマンション特徴

西向きマンション特徴

物件としてはあまり人気のない「西向きマンション」。

太陽は夕方にかけて西側に落ちていきますので、西向きマンションは朝日が入りづらく、夕方ごろから直射日光が入ってくるという特徴があります。

夕方の太陽は、「眩しくて暑い」というイメージが強いですよね。

その理由は、昼過ぎに地上で蓄えられた太陽の熱が西日に照らされることで増幅してしまうからだそうです。

西向きマンションのメリット

西向きマンションは昼から夕方の時間帯は西日によって室内が温められますので、肌寒い季節でも比較的過ごしやすいというメリットがあります。

また、夕日が沈んでいく眺望をリビングから眺められるということに魅力に感じる人もいるようです。

エリアによって需要に差はありますが、サンセットロケーションを売りにした分譲マンションを見かけることもあります。

西向きマンションのデメリット

夕方の時間帯は暑くなるので、夏場はエアコンの電気代が余計にかかってしまいます。

また、午前中から昼間の時間帯は室内が暗いというデメリットもあります。

夕方の時間帯よりも朝や日中に光を入れたいという人の方が多く、それが人気の低さの理由になっているようです。

どんな人にオススメ?

西向きマンションは午後から明るくなってくるという特徴がありますので、起床時間が遅めで主に夜中に活動するという人には適していると思います。

また、夕方の肌寒さが苦手だという人にとっても過ごしやすい空間が保たれるでしょう。

サンセットロケーションが好きという人にもおすすめです。

西向きマンションは南向きや東向きに比べると比較的金額が安いことが多いので、西向きの特徴に魅力を感じる人にとっては狙い目だと思います。

北向きマンションの特徴

北向きマンションの特徴

マンションとしては最も人気が低い「北向きマンション」。

北向きマンションは日当たりが悪く、直射日光はほとんど入ってきません。

そのため他の方角のマンションに比べると日中は暗くて寒くなりやすいという特徴があります。

北向きマンションのメリット

北向きマンションの最大のメリットは、価格の安さだと思います。

すでに説明しているように、日当たりの良いマンションは需要が高いため高額になりがちです。

相対的に、北向きマンションの価格は安くなります。

人によっては日当たりの悪さが逆にメリットになりこともあります。

北向きマンションは、日中は間接光がやさしく入ってくるという特徴があります。

直射日光が苦手で、穏やかな間接光が入るくらいがちょうどいいという人にとっては北向きマンションの方が過ごしやすいこともあります。

全ての人にとって日当たりの良さがメリットになるとは限らないので、必ずしも北向き=悪条件ではありません。

北向きマンションのデメリット

北向きマンションは暗くて寒くなりやすいというのが最大の特徴です。

日当たりが悪いと湿気も溜まりやすいので、カビの増殖の原因になることもあります。

また、洗濯物や寝具が乾きにくいというデメリットもあります。

資産価値の面で言うと、北向きマンションは人気が低いため将来中古マンションとして売りに出すときにマイナスに評価される可能性もあります。

北向きマンションの購入を検討するときは、これらのデメリットを考慮しなければなりません。

どんな人にオススメ?

直射日光が苦手で、外からの間接光や室内の照明光で生活したいという人には北向きマンションが適しています。

また北向きマンションは価格が安いので、購入予算を抑えたいという人にもオススメです。

購入価格が抑えられた分、リノベーションや設備のグレードアップに費用を使えるというメリットもあります。

ただし中古マンションとしての資産価値は低く評価されるので、将来売却したい人や短期売買を予定している人には不向きだと言えます。

風水でマンションの方角を考える

風水でマンションの方角を考える

ここまで、マンションの日当たりの良し悪しという目線でそれぞれの方角のメリットとデメリットを説明してきました。

もう一つ、マンションの方角で気になるのが「風水」です。

ここからはちょっと視点を変えて、マンションの方角と風水の関係について最低限知っておきたいポイントを紹介したいと思います。

鬼門と裏鬼門

風水の方角でよく聞く「鬼門」と「裏鬼門」という言葉があります。

東西南北に置き換えると、鬼門は北東を差し、裏鬼門はその反対の南西を指します。

これらの方角は邪気が出入りすると言われており、不吉な向きとされています。

鬼門・裏鬼門の位置に「玄関・門などの出入り口」や「キッチンやトイレなどの水回り」がある間取りは風水的にはあまり良くないと言われています。

もしもそのような間取りになっているマンションであれば、鬼門・裏鬼門の位置に盛り塩をするなどして運気が下がらない対策を考えなければなりません。

吉方位とエネルギー

風水の考え方に、動のエネルギーである「陽の気」というものと、静のエネルギーである「陰の気」というものがあります。

マンションの空間とエネルギーには相性があり、その相性によって間取りの吉方角が決まります。

まずマンションの玄関は、陽の気を取り込む入り口になります。

エネルギーを取り込む方位として適しているのは、南から東の方面だと言われています。

リビングなどの明るい空間は、陽の気を溜め込むことで運気が上がるとされています。

リビングの吉方位についても玄関と同じく、南から東の方面になります。

悪い気が溜まるスペース

トイレや浴室などの水回りは陰の気が溜まりやすいとされており、鬼門や裏鬼門に向いていると運気が下がると言われています。

陽の気と陰の気の流れをよくすることで家の運気が向上するので、水回りの位置に気を使う必要があります。

陰の気が溜まりやすい水回りは、北から西、もしくは東南の方位などを向いていると、エネルギーの流れが良くなるとされています。

また、トイレが家の真ん中にあるような間取りは風水的にはあまり良くないと言われていますので注意が必要です。

まとめ

まとめ

マンションと方角の関係性について解説してきました。

冒頭で説明したように、マンションは日当たりの良い物件が好まれる傾向があり、南向きマンションはもっとも人気があります。

ですがそれ以外のマンションにもそれぞれメリットがありますし、さらには風水的な考えを参考にマンションを選ぶ人もいます。

南向きマンションの人気は高いですが、誰にでも適しているというわけではないのです。

マンションを購入するときは、生活スタイルや価値観と照らし合わせながら自分に合った方角を選ぶことが大切です。

また、実際の日当たりは現地周辺の環境によって想像と大きく違うこともありますので、光の入り具合はマンションの現地で確認するようにしましょう。

この記事を書いた人

真地 リョウ太(ペンネーム)

30代男性

資格:宅地建物取引士・FP2級・行政書士試験合格

学生時代は不動産業界への強い関心があり、大学では取引関連法を学んでいました。

新卒後すぐに不動産業界に飛び込み、現在は土地売買や相続案件など幅広い実務を担当しています。得意分野は取引法務です。法律の知識をもっと深くしたいという想いから、仕事をしながら独学で行政書士の試験に合格しました。

資格取得によって身に着けた知識と実務で培った経験を活かして、不動産オーナー様のお役に立てるよう日々頑張っています。趣味は旅行。座右の銘は「我以外、皆我が師」

-マンション購入