マンション購入

マンション購入か賃貸かで悩む方が後悔しないためには

マンションに引越しを検討しているのですが、購入か賃貸か迷っています。どっちがお得なのか比較した情報を教えてください。

といった悩みにお答えします。

本記事の内容

  • マンション購入と賃貸では需要が高いのはどちらか
  • 賃貸最大のメリットはなにか
  • マンション購入と賃貸の比較
  • マンション購入を決めた場合のポイント

マイホームを検討した場合、マンションに住むことを検討する方も少なくありません。

その場合、悩むポイントとなるのが、マンションを賃貸で借りるか購入するかです。

マンションを賃貸で利用する場合ももちろんそうですが、マンション購入にもメリット・デメリットが存在します。

本記事では、マンションの購入と賃貸ではどちらが後悔せず住み続けることができるかについて詳しく解説していきます。

マンション購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

マンション購入と賃貸では需要が高いのはどちらか

マンション購入と賃貸では需要が高いのはどちらか

マンション購入を検討した場合、需要が高いのは購入に関してのメリットの高さです。マンション購入にはもちろんデメリットも存在しますが、購入した場合のメリットが大きい事から、賃貸でなく購入を選択する方が多い割合を占めています。以下からは、マンション購入をした方によるメリット・デメリットをご紹介します。

マンション購入のメリット

マンションの購入には、大きく分けて3つのメリットが存在します。

  1. 自由度が高い
  2. 設備のグレードが高い
  3. 住宅ローンで月々の支払いが便利

1つ目の自由度に関してですが、マンションを賃貸で持つ場合、自由度は低く、思うようにインテリアを楽しめない場合があります。しかし購入してしまえば、一軒家を購入したのと同等の自由度を実感することができるでしょう。例えば、壁に穴をあけて何かを取り付けたり、リノベーションや修理をするなど、ある程度自由に行うことができます。また、場合によっては、壁紙を変えたりすることもできます。

2つ目は、設備のグレードが高いという点です。賃貸に比べ分譲マンションは建物の仕様が豪華だったり、設備のグレードが高い傾向にあります。窓ガラス1つとっても、耐震性の高いものを採用した部屋が多く、様々な面で暮らしやすさを実感することができるでしょう。

3つ目は、住宅ローンを組むことができるという点です。住宅ローンは借金の1つではありますが、組んでしまえば月々一定の金額で支払いを続けることが可能です。そのため、場合によっては賃貸マンションよりも安く、月々の支払いを済ませることができます。また、頭金などをはじめ、購入する際に入用になる費用も大きいですが、その点を除けば住宅ローンを計画的に組んでしまえば、生活を安定させたまま暮らすことができます。

マンションを購入すれば資産価値を得ることができるので、そう言った面でもメリットを実感することができます。また、マンションが手狭になったと感じた場合には、マンションを売却することで金銭を得ることができるので、上手くやりくりする手立てにもなります。今後の事を考えながら効率よく利用できるでしょう。

マンション購入のデメリット

マンションの購入ではメリットとなる部分も大きいですが、一方でデメリットも存在します。

  1. 気軽に引っ越しができない
  2. 維持費用が掛かる
  3. 住宅ローンの負担

1つ目のデメリットとして、気軽に引っ越しすることができない点が挙げられます。その地に永住予定であれば問題ありませんが、買主が転勤族などで定期的に転勤を余儀なくされる場合は、一定の場所に住むことでデメリットを感じる可能性もあります。最悪の場合単身赴任などの措置を取ることもできますが、家族全員で移り住む可能性がある場合は、購入ではなく賃貸の形を取る方が身軽に感じる方もいるでしょう。

2つ目は、マンション購入は管理費や修繕積立金が必要になるということです。さらには、固定資産税や給湯器の設備などが壊れた場合自己責任となることが多く、マンションのローン以外の維持費用がかさむ可能性も考えられます。賃貸マンションの場合は、そう言った面は補償してくれることもあるので、維持費にお金を掛けたくない場合はマンション購入で発生する諸費用がデメリットとなる可能性があるので注意しましょう。

3つ目は、前項でメリットとなった住宅ローンがデメリットとなってしまう可能性も考えられます。例えば、長期の住宅ローンのため年々支払いがきつくなったり、病気などで支払いが滞る可能性もゼロではありません。しかし購入したマンションは、金銭的にきつくなった場合は賃貸として活用することで、その家賃収入を住宅ローンの支払いに充てることも可能です。利用方法や家計の状況にもよりますが、場合によってはマンション購入で発生した住宅ローンがデメリットとなる可能性も考えられますので注意しましょう。

賃貸最大のメリットはなにか

賃貸最大のメリットはなにか

マンション購入のメリット・デメリットを踏まえた上で、ここからは賃貸マンションについてより詳しく解説していきます。賃貸マンションを利用することでどのようなメリットを得ることができるのか見ていきましょう。

引っ越ししやすい

賃貸マンション最大のメリットは、身軽であるという点です。特に、世帯主が転勤の可能性がある場合などは、マンションを購入するよりも手軽に引っ越しができる賃貸の方が楽と言えるでしょう。マンションを一度購入してしまうと、気軽に引っ越しができないというデメリットが付きまとうのですが、賃貸であれば契約を解約し、引っ越すことも難しくありません。特に、子供がいたり仕事の面で移動が多くなる可能性が高い場合は、賃貸マンションの方がおすすめです。

家族連れなどに利用されやすい

家族連れの場合、子供の人数が増えたり年齢が上がってくることで部屋数が必要になった場合、各状況に合わせてマンションを変えることができます。一度購入してしまうと、限られた部屋や範囲の中で生活していかなければなりませんが、その点賃貸を利用することで状況に合ったマンションを選択し、引っ越すことができるでしょう。親だけでなく子供にもストレスのない環境に整えながら暮らしていくことができるので、とても便利です。購入の検討をしていない場合は、賃貸のそう言ったメリットを活用してその都度自分たちにとっての最善の環境を整えるのも一つの暮らしの方法です。

住宅ローンがかからない

賃貸マンションであれば、住宅ローンを組む必要がありません。必要なのは、家賃のみになるだけでなく、ローンを背負うことがないのも非常に大きなメリットとなります。住宅ローンは借金の1つです。体の状態や仕事の状況によっては、支払いが滞る可能性もゼロではありません。賃貸を利用していれば、信用情報に関することや年収を気にすることなく家賃だけを支払うことができるでしょう。もちろん、家賃を滞納した場合は信用情報に傷がつきますので、その点は注意しましょう。

マンション購入と賃貸の比較

マンション購入と賃貸の比較

上記ではマンション購入の場合のメリット・デメリットに加え、賃貸を選択した場合のメリットもご紹介しました。以下では、マンション購入と賃貸にした場合の、より具体的な比較を行います。購入か賃貸かで迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

どちらがお得か

将来を検討した場合、賃貸よりも購入した方がお得と言われる理由があります。将来売却または資産として換算することができるという点です。将来的にマンションを売却する場合、資産として利用することができると、手元に金銭が無くてもまとまった金額を作りやすく、財産としてみてもらえる可能性が非常に高いです。そのため、マンションを購入する際は、あらかじめ将来売却をする予定も視野に入れながら購入する方も多くいます。

売却と行かなくても、賃貸物件として貸せばまとまった金額を毎月手に入れることができるでしょう。マンションを購入した方で、将来的に一軒家の購入を検討していたり、将来は売却や賃貸用に持っておきたい、資産として持っておきたいと言う方は少なくありません。

また、賃貸は毎月一定の金額を支払い続けなければならないという点があり、将来的に総額がかさむことが多いです。マンション購入は一時的な出費が多く、ローンを組んだ場合は毎月支払いが発生しますが、支払い額は徐々に減っていくので、将来的に見れば総額は賃貸と比べて安く抑えることができます。

賃貸も購入も差異が無いように見えますが、将来的な総額を計算した場合は購入した方がお得に住むことが分かります。マンション購入を検討している場合は、将来売却することもできる点や将来的な総額を見た上で、賃貸にするべきか、購入してしまうべきかを見極めましょう。

中古マンションの購入がお得

マンションの購入に踏み切れない場合でも、場合によってはよりお得に購入することができる方法もあります。それが、中古マンションの購入です。新築の分譲マンションの購入では、一時的に都市計画税の免除や減額を見込むことができたり、ローンの金利を低くしてもらえる可能性もありますが、一時的なものにすぎません。将来支払い続ける事を考えると、金額も安く購入しやすい中古マンションを視野に入れるのもおすすめです。

マンション購入を決めた場合のポイント

マンション購入を決めた場合のポイント

賃貸マンションを利用するのではなく、マンションの購入を検討した場合は、いくつかのポイントに注意しておく必要があります。ポイントを知っておくことで、将来的にマンションを探す際に有利に作用することができたり、よりお得にかつ満足のいく結果を得ることができるでしょう。

働き終えるまでにローンが完済できる年齢・年収であるか

マンション購入を決めた場合は、住宅ローンを組むのが一般的です。融資可能額や物件、初めに支払う頭金などによって組むローンの金額は変わってきますが、その場合は、自分があと何年働くことができるのか、現時点での年収はいくらで、今後どの程度上がる可能性があるのかも考慮した上で考えなければなりません。

また、目先の金利だけを考えるのではなく、将来的にも金利に変化が小さく、数十年後の返済時にも無理なく返済をし続けられたリ、ボーナスや退職金などを見越してローンを組むことでスムーズに返済に取り組んでいくことができるでしょう。

ローンや今後のライフプランに悩んだ場合は、一度購入前にFP(ファイナンシャルプランナー)と呼ばれる専門家に相談する事をおすすめします。そうすることで、現時点での貯金額やライフプランに合わせて、一番適した購入額のマンションやローン額を見出すことができるでしょう。

貯蓄計画や老後計画が立てられているか

頭金などで全額貯金を費やしてしまうと、その後の生活に支障が出る可能性があります。また、マンション購入を検討した場合は、将来のこともある程度見越して購入しなければなりません。老後の生活が厳しくなった場合は、現在購入予定のマンションを売却することも一つの手段として考えることができます。老後の計画もしっかりと立てながらマンション購入を検討していきましょう。

健康な体があり、ローンが組める状態であるか

住宅ローンを組む場合は、年収や年齢だけでなく、健康な体で働き続けることができるかどうかも重要なポイントとなっています。病気しがちだったり入院経験があるとローンを組むことは難しいだけでなく、ローンの審査が通ったとしても将来病気になって支払いが困難になる可能性もあります。ローンが組めて審査に通るためには、まずは身体が資本です。しっかりと健康な体づくりを行い、マンション購入や審査に通るような体づくりをしておくこともとても重要です。

マンション購入できる状況であれば購入がおすすめ

マンション購入できる状況であれば購入がおすすめ

マンション購入と賃貸での利用は、どちらにもメリットがあることをご紹介しました。その上で、ローンを組める健康な体や将来の計画がしっかりと整っている場合、また、転勤などが無く将来的にもその地に定住する予定がある場合は、マンションを購入する事をおすすめします。マンションを購入することで、将来的にかかる出費を抑えることができたり、自由に部屋の中のインテリアを楽しみながら暮らすことができます。また、不要になった場合は賃貸として貸し出したり売却することもできる資産になりますから、計画的に購入すれば自分たちにとって大きなメリットになります。マンションを購入できる目処が立っていそうだと判断した場合は、ぜひ一度購入を検討してみてください。

コロナ禍では会わない物件探しを推奨

イエプラの3つの特徴

  1. 全部チャットで完結
  2. 毎日深夜0時まで営業
  3. 未公開物件も多数紹介

また、大手不動産サイトで問題となっている、集客用の「おとり物件」は一切ありません

「コロナで会うのが怖い。」「なかなか良い物件が決まらない。」「夜遅くじゃないと時間が取れない。」そんなお悩みをお持ちのお客様にはイエプラがおすすめです。

完全無料で登録はたったの1分!

イエプラでお部屋を探してみる

※メールアドレスとパスワードを入力するだけなので簡単!

この記事を書いた人

清水みちよ

30代女性

資格:宅建・FP2級・通関士・総合旅行業務取扱管理者

大学生の時に一人旅に目覚め、海外50か国以上を訪れました。その経験を武器に新卒で旅行会社に入社しましたが、入社数年で倒産という憂き目にあってしまいます。悔しさをバネに宅建・通関士・FP資格を無職期間の4年でゲット!現在は不動産会社の窓口勤務ですが、コロナ渦で週休4日ペースが続いているため、新しい資格取得に向けて日々奮闘中です。趣味はペット。特技は英会話。

-マンション購入

Copyright © 株式会社MIJ , All Rights Reserved.