住みたい街

何をするにも便利すぎる街・渋谷は住みたい街として意外と人気だった!その理由を徹底解説

渋谷に住みたいと思う人が多いみたいですが、どんな街ですか?あと、自分にとって住みやすい街かどうか判断したいので、家賃や治安など必要な情報を教えてください。

といった悩みにお答えします。

本記事の内容

  • 渋谷はどんな街なのか?
  • 渋谷の家賃相場について
  • 渋谷が人気な理由
  • 物件の選び方

渋谷は東京都渋谷区にある都心ともいえる街ですが、住宅地のイメージを持っている人は少ないのではないでしょうか。

しかしながら、どこに行くにも抜群のアクセスと何を買うにも不自由ない買い物環境が整っていることから、住みたい街としても人気を集めているのです。

実際転入者は増加傾向にあり、住むための街として選ばれていることがわかっています。

若者が多く、活気のある街並みが特徴的で、どこか華やかさを感じさせる渋谷ならではの魅力について解説していきます。

また、物件の選び方についても解説していくので、あなたにぴったりの物件を探す際の参考にしてみてください。

渋谷はどんな街なのか

東京都渋谷区にある渋谷というエリアに対し、若者が多く、常に多くの人が行き交う街というイメージを持っている人も多いはずです。

世界からも注目されており、日本が誇る世界都市という役割すら担っています。

そんな渋谷ですが、移動に便利な交通アクセスや何でもそろう買い物環境を備えているため、住宅として選ぶ人も増えてきています。

なぜ住宅地として注目を集めているかというと、意外にも住宅地エリアは静かで暮らしやすい環境が整っているからです。

買い物や仕事で渋谷までくる人は多いが、渋谷以外の場所に住んでいる人が多いため、用事が終わった後は渋谷に滞在しません。

そのため、駅から少し離れて住宅街に差し掛かると、閑静な街並みに変わります。

代々木公園まで徒歩圏内ということもあり、自然に触れられる街でもあるのです。

そんな都心としての顔と住宅地としての顔を持つ、渋谷の基本的なデータを見ていきましょう。

人口

渋谷が位置している東京都渋谷区の人口は、約23万人で、多くの人が住宅地として渋谷区を選んでいることがわかります。

男女比は5:5ですが、女性の方が若干多い傾向にあります。性別を問わずに暮らしやすい環境が整っているのでしょう。

また、世帯数は約14万世帯で、単純計算すると1世帯当たり2人以上の人が暮らしていることになります。

単身世帯だけでなく、ファミリー世帯にも人気を集めていることがわかりました。

世帯数人口男性女性
令和3年3月1日139,888230,203110,568119,635
令和2年12月1日140,336230,713110,815119,898
令和元年12月1日139,750229,824110,288119,536

治安の良さ

渋谷駅周辺は多くの人が集まるような繁華街となっているので、治安がいいとはいえません。

犯罪件数は多いですが、防犯カメラの設置やパトロールの強化などが行われているため、年々件数は減少しています。

夜も若者が多く活動しているので、駅前の治安は少し不安が残りそうです。

ただ、駅から離れれば静かな住宅街に入りますし、街灯も多いため、多少は安心して暮らせるでしょう。

渋谷区には女性も多く暮らしていることから、女性にとっても暮らしやすい街であることがわかっています。

2016年2017年2018年2019年2020年
件数31243225326530181950

アクセスの良さ

渋谷駅には17つもの路線が乗り入れており、都内の中でもかなりのビッグターミナルといえるでしょう。

山手線が通っていることから、都内の主要駅までのアクセスは抜群で、新宿駅や東京駅、池袋駅までも乗り換えなしで到着できます。

  • JR山手線・埼京線・中央線・総武線
  • 湘南新宿ライン
  • 東急東横線・田園都市線
  • 京王線・京王新線・井の頭線
  • 東京メトロ銀座線・副都心線・半蔵門線・日比谷線・千代田線
  • 小田急小田原線
  • 都営新宿線

都内の駅であれば基本的に30分以内で行くことができるので、通勤や通学、休日のお出かけにも非常に便利でしょう。

また、横浜方面へのアクセスもよく、出張など遠出する機会が多い人でも負担に感じることはないでしょう。

駅前にはバスやタクシーもたくさん通っているので、電車で行きづらい場所へのアクセスも問題ありません。

渋谷の家賃相場について

では、渋谷の家賃相場を間取りごとに見ていきましょう。

渋谷駅から徒歩10分以内の賃貸物件で比較していきます。

間取り家賃相場
ワンルーム14.27万円
1K12.63万円
1DK17.55万円
1LDK25.56万円
2K20.37万円
2LDK51.29万円

渋谷駅は人の集まる繁華街であり、アクセス面でも不自由しない環境なため、非常に家賃の相場が高いです。

都内の家賃の平均値が約8万円といわれているので、その平均値からしてもかなり高いことがわかります。

ワンルームでも14万円台という相場で、ファミリー向けタイプになると20万円以上かかってきてしまうため、経済的に余裕がないと暮らしていくのは厳しいでしょう。

また、渋谷で家を買うときの価格相場は、約18,000万円です。

最低ラインが5,000万円の物件となっており、渋谷で家を買うのはかなりハードルの高いことだといえるでしょう。

年々相場は上昇しており、住みたい街として人気を集めていることも価格相場上昇の一因です。

周辺駅との比較

渋谷駅周辺駅と家賃相場を比較してみましょう。

単身世帯向けのワンルームから1DKの間取りで比較していきます。

駅名家賃相場
渋谷駅14.08万円
恵比寿駅12.98万円
目黒駅12.13万円
代官山駅13.91万円
原宿駅12.64万円
池尻大橋駅10.54万円

周辺駅と比較しても渋谷駅は家賃相場の高いエリアであることがわかりますが、渋谷周辺の相場自体が高いので、そこまで大きな差があるわけではありません。

繁華街としても知名度が高く、交通アクセスもいいことから、家賃が高いのでしょう。

もし、家賃を抑えたいのであれば池尻大橋駅など、東急田園都市線沿いで探してみることをおすすめします。

渋谷が人気な理由

渋谷駅は、17路線も乗り入れており、都内や横浜方面などどこに行くにも非常に便利な環境が整っています。

約30分ほどで都内の駅までアクセスできるので、通勤や通学にも便利です。

繁華街であるため、ショッピングモールも充実しており、生活に必要なものは何でもそろうような街です。

多くの人が行き交う街なので、治安の面で心配はありますが、パトロールや防犯カメラの設置などで犯罪件数は減少傾向にあります。

また、駅前は混雑していますが、少し離れると閑静な住宅街に差し掛かるので、住みやすいとも評価されています。

そんな渋谷の魅力について詳しく解説していきます。

どこに行くにも便利な交通アクセスの良さ

渋谷駅は都内のビッグターミナルといわれるほど大きな駅で、17路線が乗り入れているためどこに行くにしても便利な交通アクセスの良さを誇っています。

山手線が通っているので、都内の主要駅までは乗り換えなしで行くことができます。

地下鉄の路線も充実しているので、オフィス街のある駅までのアクセスも便利で、通勤にも負担がかからないでしょう。

横浜方面へのアクセスも抜群なので、都内だけでなく出張などで遠出する機会が多い人にもおすすめの街です。

ただ、朝のラッシュの時間帯だけでなく、1日を通して乗降人数が多いので、時間に余裕を持って行動したり、利用時間帯をずらすなど何らかの工夫が必要になるでしょう。

駅名所要時間乗り換え回数
新宿駅約7分乗り換えなし
東京駅約20分乗り換えなし
銀座駅約15分乗り換えなし
池袋駅約13分乗り換えなし
中野駅約14分乗り換えなし
川崎駅約28分1回
横浜駅徒歩約25分乗り換えなし

買い物や遊ぶ場所に困らない環境

渋谷で買い物する人や遊ぶ人も多いことから、何かをするのに困らない環境が整っていることは一目瞭然です。

買い物の施設は揃っているため、他の駅やエリアに行かなくても生活に困ることはないでしょう。

「SHIBUYA109」や「渋谷ヒカリエ」、「渋谷マルイ」など若者向けのショッピングモールから大人向けの商業施設までが立ち並んでいます。

雑貨店やドラッグストアなども多いため、何を買うにしても便利な街です。

食品を買うためのスーパーも庶民向けから高級志向向けまで揃っているので、ライフスタイルや欲しい食材に合わせて使い分けることができます。

「ライフ渋谷東店」「マルエツプチ」は庶民的な値段で食材を購入でき、さらに「マルエツプチ」は24時間営業なので帰りが遅い人でも買い物できるので便利です。

高級志向向けのスーパーは駅のそばに多く、「成城石井」や「九州屋」があるので、仕事帰りの買い物にもぴったりです。

外食派に嬉しい飲食店の充実度

買い物環境だけでなく、飲食店も充実しているのが外食派の人にとっては魅力的ではないでしょうか。

ファストフード店やチェーン店、個人経営のお店や高級なお店など様々な飲食店が揃っており、気分やお財布事情に合わせた食事を楽しむことができます。

夜遅くまで営業しているお店も多いので、自分のライフスタイルに合わせたお店選びが可能です。

単身世帯で自炊をしない人でも、食事に困ることなく生活していけるでしょう。

防犯カメラが多く設置されている

駅前は多くの人でにぎわっており、治安がいい地域だとはいえません。

しかし、その分防犯対策がしっかりとされており、街のいたるところに防犯カメラが設置されていたり、警察によるパトロールが行われています。

そのため、年々犯罪件数は少なくなっており、多くの人の暮らしやすい環境が作られています。

また、駅前には交番があるので、駅周辺でトラブルに巻き込まれても安心できる環境が整っています。

子育て支援制度は種類豊富

渋谷はファミリー向けの間取りの物件の家賃が高く、治安がいい場所とはいえないことからどちらかといえば単身世帯に人気の街です。

しかし、渋谷区の子育て支援制度はかなり充実したもので、子育て環境としては申し分ありません。

子どもの医療費助成制度や用事の無料フッ化物塗布など、経済的な負担を軽減してくれるものから、「子ども・赤ちゃんショートステイ」といった預かり制度もあります。

これは何らかの事情で子供を養育できない場合に、最大6泊7日まで子供を預かってくれる制度です。

また、「子育て便利帳」というサービスがあり、公式ホームページから渋谷区の子育てについて検索できるというものです。

施設案内や手当や助成、子育てに関する支援制度について相談できる窓口の案内についてもわかりやすくまとめられています。

過去に合った質問と回答を読むこともできるので、自分と同じような悩みを持つ人がどのように解決したのかも見ることができます。

  • 子ども医療費助成
  • 幼児の無料フッ化物塗布
  • 子ども・赤ちゃんショートステイ
  • リフレッシュ一時預かり保育
  • 育児支援ヘルパー派遣事業
  • 子育て便利帳

物件の選び方

渋谷は繁華街という一面だけでなく、住みやすい街としての顔を持っている魅力的な街です。

都内へのアクセスも良く、買い物環境も整っています。

しかし、物件選びを間違えてしまうと、暮らしにくさや不便さを感じてしまうかもしれません。

ここからは物件選びで押さえておきたいポイントについて解説していくので、素敵な住まいを探す際には参考にしてみてください。

家賃は負担にならないか

いい条件の物件を見つけたら、その場で契約したくなる気持ちもわかりますが、その前に家賃は無理のない範囲かどうかを確認してください。

家賃は手取り収入の3分の1が妥当なラインだといわれています。

あらかじめ家賃の目安を把握して、金銭的に余裕のある生活を送れるようにしましょう。

以下の表は年齢と収入別に家賃の目安金額を出したものです。

今の自分の収入で無理なく支払える家賃の相場はどのくらいなのかを、先に把握しておきましょう。

年齢男女計平均年収家賃の目安
~19歳268万円7.4万円
20~24歳341万円9.4万円
25~29歳434万円12.0万円
30~34歳509万円14.1万円
35~39歳563万円15.6万円
40~44歳596万円16.5万円
45~49歳632万円17.6万円
50~54歳683万円18.9万円

渋谷の家賃相場は都内でもトップクラスになるため、経済的な負担が大きくなることでしょう。

余裕を持って生活するためには、ある程度の経済力が必要になると考えておいたほうがいいでしょう。

周辺の環境は生活しやすいか

物件の周辺の環境は生活に不便のないものになっているでしょうか。

一般的にはスーパーやコンビニ、病院があると住みやすい環境だといわれていますが、必要な施設は人それぞれです。

自分のライフスタイルを見直してみて、どんな施設が必要なのかを考えてみましょう。

施設をリストアップしておくと漏れなくチェックできるのでおすすめの方法です。

また、必要な施設は駅と自宅の間にあるとより便利なので、意識して物件を探してみてください。

部屋の設備は充実しているか

家賃や周辺の環境だけでなく、その物件自体の設備は充実しているのかもチェックしておきましょう。

収納スペースが狭くてものが入りきらない、駐輪場がなくて自転車の置き場に困る、日当たりが悪くて洗濯物が乾かないなどのちのち不満につながってしまうかもしれません。

ここでのポイントは必ず押さえておきたい設備や、妥協できるラインなどを明確に決めておくことです。

また、部屋の条件に優先順位をつけておくことで、変に妥協しなくてもいいので必要な設備が手に入ります。

自分の生活にはどんな設備が必要なのかをしっかりと考えてみましょう。

また、置きたい家具や家電が設置できない可能性もあるため、内覧時にメジャーを持って行くのがおすすめです。

設置できるかどうかを先に確認しておけば、家具や家電関連で困ることもないでしょう。

防犯性が高いか

渋谷は人が多いため、治安自体はよくありません。

防犯カメラが街中に設置されているなどある程度の防犯対策はされていますが、やはり自分自身でも防犯意識を高めることが大切です。

窓やベランダなど侵入経路に当たる部分は死角になっていないかなどを確認しましょう。

物件にオートロックや防犯カメラが設置されていると尚いいでしょう。

また、駅までの道も暗いところや狭い道がないかを確認しましょう。

実際に物件までの道を歩いてみてください。

休日と平日、昼と夜など日程や時間帯を変えて歩いてみて、不安な箇所がないか事前に見ておきましょう。

渋谷は若者が多く、人やモノと出会える街

渋谷は繁華街としてのイメージが強いですが、駅から少し離れると閑静な住宅街が広がり、最近では転入者も増えている街です。

都内や横浜方面へのアクセスも良く、買い物環境は非常に充実しています。

治安の良さには少し心配が残りますが、街全体で防犯対策がされており、犯罪件数は減少傾向にあります。

渋谷区の子育て支援は手厚く、家族でも暮らしやすい環境なのです。

若者が中心の街になりますが、華やかで活気のある雰囲気と、様々な出会いが生まれる街です。

便利な環境と刺激的な街で暮らしたい方は、渋谷での生活を検討してみてはいかがでしょうか。

コロナ禍では会わない物件探しを推奨

イエプラの3つの特徴

  1. 全部チャットで完結
  2. 毎日深夜0時まで営業
  3. 未公開物件も多数紹介

また、大手不動産サイトで問題となっている、集客用の「おとり物件」は一切ありません

「コロナで会うのが怖い。」「なかなか良い物件が決まらない。」「夜遅くじゃないと時間が取れない。」そんなお悩みをお持ちのお客様にはイエプラがおすすめです。

完全無料で利用できます

イエプラでお部屋を探してみる

※登録はメールアドレスとパスワードを入力するだけ!

この記事を書いた人

たむたむ

20代女性

フリーライターとして活動しています。現在は都内で暮らしていて、仕事場としても充実しているより良い家を探しています。将来は素敵な家で、ペットに囲まれて暮らしたいです!趣味はライブやフェスに行くことで、好きなバンドはクリープハイプ。小説や漫画、映画も大好きです。

-住みたい街