マンション売却

マンションの売却 買取と仲介ではどう違う?メリットやデメリットを解説

マンションを売却したいのですが、買取と仲介どちらがいいのでしょうか?それぞれメリット・デメリットを教えてください。

といった悩みにお答えします。

本記事の内容

  • マンション売却は買取と仲介どちらがおすすめ
  • マンション売却における買取と仲介の違い 買取のメリット
  • マンション売却における買取と仲介の違い 買取のデメリット
  • マンション売却における買取と仲介の違い 仲介のメリット
  • マンション売却における買取と仲介の違い 仲介のデメリット

マンションを売却する場合、最も利用している人が多いのが不動産会社に依頼する仲介です。

しかし、実はマンションの売却には仲介とは別に買取という方法があります。

では、この買取と仲介とはどのような売却方法なのでしょうか?

また、それぞれどのようなメリットがあるのでしょうか?

この記事では、マンションの売却における仲介と買取の違いなどについて解説します。

マンション売却は買取と仲介どちらがおすすめ

マンション売却は買取と仲介どちらがおすすめ

マンションの売却には仲介と買取がありますが、どちらが良いというわけではありません。

まずは、マンションの売却における仲介と買取の特徴について解説します。

マンションの買取とは?

マンションの買取とは、不動産会社が直接買主となって、売主となるマンションの所有者と売買契約を締結するものです。

一般の人に広く募集するわけではなく、不動産会社1社と直接やりとりを行い、価格を決定し、契約します。

マンションの仲介とは?

マンションの仲介とは最も多くの人が利用している売却方法といえるでしょう。

不動産会社に売却査定をしてもらい、売却価格を決定します。

そして、査定した不動産会社と媒介契約を締結し、不動産会社はマンション売却のために買主を探さなくてはいけません。

そして、不動産会社が見つけた買主と売買契約から引き渡しといった流れでマンションを売却する方法が仲介です。

 マンション売却における買取と仲介の違い 買取のメリット

マンション売却における買取と仲介の違い 買取のメリット

マンションの売却には買取と仲介があり、それぞれの特徴については先ほど前述しました。

買取も仲介もそれぞれメリットとデメリットがありますのでそれぞれをきちんと理解した上でマンションの売却方法を決定しなければいけません。

まずはマンションを買取で依頼した場合のメリットについて解説します。

メリット①:すぐに売却ができる

マンションを買取してもらう際の最大のメリットは、すぐに売れるという点です。

そもそも不動産会社が買主なので、わざわざ一般に募集する必要がありません。

価格さえ折り合えばすぐに売却可能です。

また、一般の人を買主として見つける場合、多くの人は住宅ローンを利用してのマンション購入となります。

つまり、住宅ローンの審査が通るかどうかが判明しなければマンションを売買することができないのです。

そのため時間がかかってしまうのですが、買主が不動産会社なので住宅ローンの審査が下りるまで待っておくということはありません。

これもすぐに売れる理由のひとつです。

メリット②:隣近所に知られない

仲介で売却する場合、インターネットの掲載や広告チラシの配布など、広く周知することを目的として一般の人に募集を行います。

そのため、近所の人に売却することが分かってしまいます。

あまり近所の人に売却していることを知られたくないという人も多く、近所に知られたくないから募集したくないといったケースもあるのです。

しかし、買取の場合、既に買主は不動産会社と決まっています。

そのため広く募集する必要がありません。

不動産会社と価格の合意ができるとすぐに売買契約を交わし引き渡しができますので、隣近所に知られることなく売却することが可能です。

メリット③:仲介手数料がかからない

仲介の場合は、基本的に不動産会社が買主を見つけるための募集を行い、買主が見つかると売買契約や引き渡しのフォローを行います。

その対価として、売却の仲介をしてくれた不動産会社に対して仲介手数料を支払わなければいけません。

仲介手数料の計算方法は、一般的に

売買価格 × 3% + 6万円 + 消費税

といった計算方法で算出できます。

例えば2,000万円でマンションを売却した場合は、

2,000万円 × 3% + 6万円 + 消費税 = 726,000円

の仲介手数料がかかります。

決して安い金額ではありません。

しかし、買取の場合は、不動産会社が買主となり直接買取るので仲介手数料がかからないのです。

買取の場合だと、支払わなければいけない手数料を払う必要がないので、価格面におけるメリットといえるでしょう。

メリット④:現況の引き渡しが可能

一般の人が、買主となってマンションを購入する場合、売主は居住可能の状態にするために、清掃や故障個所の修繕などを行わなければいけないケースがあります。

しかし、買取の場合はこのようなことを行う必要が無く、現況で引き渡ししても全く問題ではありません。

というのも、買取により不動産会社がマンションを購入する最も大きな理由が再販だからです。

一旦買取したマンションを、購入した不動産会社は、リノベーションしたり、ちょっと手を入れたりすることできれいな状態にして、再販します。

つまり買取後に不動産会社が手を加えるので、売主は特に手を入れることなく現況の状態で引き渡すことが可能です。

マンション売却における買取と仲介の違い 買取のデメリット

マンション売却における買取と仲介の違い 買取のデメリット

買取はメリットばかりだけではありません。

デメリットもありますので、しっかりと双方を把握しておかなければいけません。

次に、買取のデメリットについて解説します。

デメリット①:価格が安いケースが多い

前述しましたが、不動産会社がマンションを買い取る目的は再販です。

買取したマンションを、不動産会社が手を加え再販します。

再販するときには当然利益を出さなければいけませんので、高い金額での買取ができません。

基本的には相場の金額よりも安い金額で買取し、相場の金額程度で売却して利益を出す必要があります。

若しくは、きれいにリノベーションして、高い価格で売却することも可能です。

しかし、この場合にしても仕入れ価格は抑えなければいけませんので買い取り金額は安いに越したことはありません。

そのため、どうしても仲介の場合よりも売却の価格が安くなってしまう点がデメリットといえるでしょう。

デメリット②:買取してくれないケースもある

マンションを買い取るポイントとして不動産会社が挙げるのが、価格と売りやすいかどうかです。

価格に関しては先ほど前述したように少しでも安い金額で購入し、高く売却できれば、それだけ利益が上がります。

しかし、いくら安く購入できたとしても、売れなければ意味がありません。

そのため、売りやすいエリアなど一定のエリア以外では買取しないという不動産会社も多いので、自分たちの買取エリアから外れている場合、買取してくれない場合もあります。

また、エリアだけではなく、その他に売りにくいマンションだと判断された場合には買取自体を断られることもありますので、何でも買取してくれるわけではありません。

デメリット③:買取の業者が心配

買取の場合、相手方は不動産会社なのですが、「不動産会社が買い取ろうとしている価格が妥当なのか?」「相場とどの程度開きがあるのか?」といった点が分かりません。

買取業者の中には、非常に安い価格を提示する場合があり、相場と大きな開きがあることも考えられます。

非常に安い金額で買取されてしまい、あとから考えると損してしまったと感じてしまうことがあるかもしれないのです。

買取の場合は、どの買取業者で買い取ってもらうのかといった点も非常に重要になります。

買取業者の中では買取価格に大きな差があるといった点もデメリットとして挙げられるでしょう。

デメリット④:引っ越しなど急なスケジュールになりがち

一旦、買い取ったマンションを不動産会社は、早急に手を入れて、再販し、利益を上げたいと考えるでしょう。

ですので、売主には早く引き渡しを完了させ、次の動きを行う必要があります。

買取のメリットとして早く売却できるというメリットがあるのですが、逆に早く売れるということは早くマンションを引き渡す必要があるのです。

そのため、引っ越しなどのスケジュールが急になる場合もあり、ゆっくりと引っ越しなどができない場合があります。

これも買取の場合のデメリットといえるでしょう。

マンション売却における買取と仲介の違い 仲介のメリット

マンション売却における買取と仲介の違い 仲介のメリット

ここまでは、買取におけるメリットやデメリットについて解説してきました。

おなじように仲介についてもメリットやデメリットがあります。

ここからは仲介におけるメリットやデメリットの中でまずメリットについて解説します。

①:高い価格で成約できる

仲介の場合、不動産会社に売却の依頼を行い、不動産会社は、買主を見つけるために広く募集を行います。

少しでも高い価格で査定し、募集することにより売却できたら仲介手数料を多く得ることが可能です。

つまり、いかに高い金額で売却できるのかといった点が不動産会社には求められ、高い金額で売却することを目的として、売主は仲介を選択するといえます。

仲介の最も大きなメリットは高い金額で売却し、成約できるといった点が挙げられるのです。

②:基本的には不動産会社に任せておけばいい

仲介とは、不動産会社に売却査定してもらい、売却の依頼し、不動産会社が買主を探し、成約する業務のことを指します。

売ろうとするマンションの売却依頼を不動産会社に任せると、基本的に売主はそれから動くことはありません。

不動産会社が募集の準備や、購入希望者が現れた場合の案内や交渉なども全て行います。

つまり、不動産会社に基本的に任せておくだけで特に売主が動く必要がないのです。

買取の場合は、買主が不動産会社となるので、不動産会社とのやりとりなど多少動く必要があります。

しかし、仲介の場合は、基本的に段取りを全て不動産会社に任せておけばいいでしょう。

③:高く売却するためのアドバイスがもらえる

高い金額で査定しなければ売主は、他の不動産会社に頼むかもしれませんので、仲介の場合は少しでも高い金額で売却しようと査定します。

また前述しましたが、高い金額で売却することは売主だけではなく、不動産会社にもメリットがあるのです。

高い金額で売れる方が、不動産会社が得ることができる仲介手数料が増えるからです。

そのため、高く売却するためのアドバイスを売主は受けることができます。

信頼できる不動産会社を見つけ適切なサポートやアドバイスを受けることにより高い金額での売却が可能です。

④:広く募集するので適正相場がわかる

仲介は一般の人に広く募集する売却方法ですが、広く売却することによるメリットが相場が分かりやすいという点です。

仲介の査定方法は、近隣の売買事例を比較しながら売却価格を決定しますので、相場に近い価格で売却できるという点があります。

また、実際に売りにだして、なかなか売れない場合は相場にずれがあったことも考えられるでしょう。

実際に売りに出して、頻繁に問い合わせがあるかどうかなども、現実の相場を計る指標となります。

マンション売却における買取と仲介の違い 仲介のデメリット

マンション売却における買取と仲介の違い 仲介のデメリット

買取と同じように仲介もメリットだけではなくデメリットもあります。

ここからは、仲介のデメリットについて解説しましょう。

①:仲介手数料がかかる

買取のメリットとして仲介手数料がかからないと述べましたが、仲介の場合は仲介手数料がかかってしまいます。

仲介で売却したけど、仲介手数料を差し引くと買取の価格とあまり変わらなかったといったことも考えられるのです。

前述したように仲介手数料は決して安くはなく、売却金額が高ければ高いほど、仲介手数料は高くなってしまいます。

実際に売却予定の金額から、仲介手数料を差し引いた金額と買取の金額がどの程度違うのかといった点も見ておかなければいけません。

仲介手数料がかかる点は仲介における金額面でのデメリットといえます。

②:売れ残る場合があり

仲介の場合は、必ず売却できるというものではありません。

買取の場合は、不動産会社が提示した金額を売主が承諾すれば、すぐに売却ができます。

しかし、仲介の場合は必ず売れるとは限りません。

募集金額が高すぎるなどの理由などにより売れ残ってしまう可能性も考えられます。

この場合は、募集金額などの値下げといった対策を行う必要があるでしょう。

しかし、想定の金額よりも安いため、色々な面で支障が出るかもしれません。

また、スケジュール面でも次の引越しに大きな影響を及ぼしてしまうでしょう。

売れ残るときがあるという点もデメリットです。

③:契約不適合責任を受ける

仲介の場合は、基本的に買主は個人のケースが多いといえます。

2020年の4月に民法改正があり、瑕疵担保責任が契約不適合に変わり、これによって、買主の権利が増えました。

追完請求や代金減額請求、催告解除など売主はマンションの売却後、気づかなかった欠陥があった場合、買主から修繕や減額、損害賠償などを求められます。

しかし、これは買主や売主が個人であった場合に限られ、どちらかが不動産会社等の宅建業者だった場合は当てはまりません。

つまり買取の場合は、買主が宅建業者となるため、契約不適合責任の対象外となります。

仲介で且つ個人が買主の場合は、契約不適合責任についても良く理解しておかなければいけません。

関連記事民法改正により瑕疵担保責任が契約不適合責任に?違いや特徴を解説

④:近所に知られる

仲介の場合は、広くインターネットや新聞折り込み広告などで募集を行うため、近所に売却していることが分かってしまいます。

しかも売却金額まで分かってしまうので、このことを嫌がる人も多いのです。

買取の場合は広く募集するので、近所にわかりにくいのですが、仲介はどうしてもわかってしまいます。

これも仲介におけるデメリットといえるでしょう。

まとめ

まとめ

マンションの売却には仲介と買取がありますが、それぞれに特徴がありメリットやデメリットがあるので、どちらが自分にとって良い売却方法なのかをしっかりと分析する必要があります。

すぐにでも売りたい場合は、買取をおすすめしますが、少しでも高く売りたい場合は、仲介の方が、適正があるといえます。

自分にとってベストの売却方法を選択し、満足できるマンション売却を心がけましょう。

マンションの買取強化中!

MANSION COLLECTなら、

  • 買取りは全て現金で!
  • 最短3日で売却が可能!
  • 仲介手数料と売却諸費用が無料!
  • レインズの買取事例に基づいた相場の9割以上で買取が可能!

また、すぐには引越しができないという場合でも、お部屋の引き渡し日を調整することができます。

まずは無料査定をお試しください。

最短3日で売却が可能!

今すぐ無料査定をする

※査定だけでもお気軽にご相談ください。

この記事を書いた人

清水みちよ

30代女性

資格:宅建・FP2級・通関士・総合旅行業務取扱管理者

大学生の時に一人旅に目覚め、海外50か国以上を訪れました。その経験を武器に新卒で旅行会社に入社しましたが、入社数年で倒産という憂き目にあってしまいます。悔しさをバネに宅建・通関士・FP資格を無職期間の4年でゲット!現在は不動産会社の窓口勤務ですが、コロナ渦で週休4日ペースが続いているため、新しい資格取得に向けて日々奮闘中です。趣味はペット。特技は英会話。

-マンション売却