マンション買取

マンション買取にはどのような流れが必要?仲介との違いは?

マンションを買取ってもらいたいのですが、どのような流れになりますか?あと仲介との違いも教えてください。

といった悩みにお答えします。

本記事の内容

  • マンション買取の流れを知ろう そもそも買取とは?
  • マンション買取の流れを知ろう マンション買取のメリットとは?
  • マンション買取の流れを知ろう マンション買取のデメリットとは?
  • マンション買取の流れを知ろう マンション仲介のメリットとは?
  • マンション買取の流れを知ろう マンション仲介のデメリットとは?
  • マンション買取の流れを知ろう スムーズな買取のためには?
  • 買取に向いているマンションはどんなマンション?
  • 仲介に向いているマンションはどんなマンション?
  • 買取に向いているのはどんな人?
  • 仲介に向いているのはどんな人?
  • 買取と仲介、マンション売却にはどちらを選ぶ?
  • マンション仲介での選びかた一括査定とは?
  • マンション買取の流れや注意点について 買取の注意点は3つ

マンションの売却には、仲介や買取などいくつかの売却方法があります。

しかし、どのような違いがあるのか、仲介や買取の流れはどうなっているのかわからないといった人も多いでしょう。

この記事では、買取や仲介の特徴、メリット・デメリット、買取の流れといった点について詳しく解説します。

マンションの買取強化中!

\ 入力はたったの60秒 /

無料査定はこちら

※お電話で査定希望の方
03-5333-0703

目次

マンション買取の流れを知ろう そもそも買取とは?

マンション買取の流れを知ろう そもそも買取とは?

まずは、マンションの仲介や買取とはどのような特徴で、どのような違いがあるのかといった点をきちんと理解しておく必要があります。

ここからは、マンションの仲介と買取のそれぞれの特徴や違い共通点といった点について解説します。

①:マンションの買取とは?

マンションの買取とは、一般の人に広く募集し買主を見つける仲介とは異なり、不動産会社自らが買主となって売買する方法です。

不動産会社と売主の間で売買価格を決定し、双方が合意すると売買契約となります。

不動産会社1社とのやり取りで完結するので、比較的売買から引き渡しといった時間も早く住む点が大きな特徴です。

一般の個人間取引においては、住宅ローンの審査などに時間がかかり、結果引き渡しまでの時間がかかるケースが多いといえます。

しかし、買取の場合、住宅ローンの審査待ちといった時間は必要ありません。

とにかく早く売りたいという希望を持つ売主に関しては、買取を利用される人が多いといえるでしょう。

②:マンション仲介とは?

マンションの仲介は、もっとも多くの人がマンションを売却する場合に利用されている売却方法です。

まずマンションを売却したいと思う売主は、不動産会社に問い合わせをします。

すると相談を受けた不動産会社は、どの程度の価格で売却できるのか価格査定を行います。

その売買金額に納得ができると、売主と不動産会社は媒介契約を締結し、不動産会社は、そのマンションを売却する募集作業を行い、買主を見つける売却方法です。

不動産会社は買主を見つけ、売買契約から引き渡しまでの仲介を行います。

一般的なマンションの売却方法であり、多くの人がマンションの売却方法といわれて思い浮かぶのが仲介といえるでしょう。

③:マンションの仲介と買取の違いはどこ?

実際にマンションの売却方法として、仲介と買取があるのですがどのような点に違いがあるのでしょうか?

最も大きな違いは、仲介が不特定多数の人たちを相手に募集することに対し、買取は不動産会社1社とのやり取りで完結するといった点です。

当事者間で合意している金額で交渉なので、比較的早く決済まで進むことができる買取に対し、仲介は買主を探すことから始まるので時間が少しかかるといえます。

また、仲介の場合は仲介手数料を不動産会社に支払う必要がありますが買取には仲介手数料がかからないといった違いもあります。

このように買取と仲介では同じマンション売却でも大きく異なる部分があるといえるでしょう。

④:マンションの仲介と買取の共通点はどこ?

逆に、マンション売却における共通点にはどのようなものがあるのでしょうか?

不動産会社が買主になっても個人が買主になっても、売買契約や引き渡しまでの流れに大きな違いはありません。

また、所有権移転の手続きなど権利関係の手続きなどに関しても大きな違いはありませんので、このような点が共通点といえるでしょう。

買主が違うだけで手続きだけに関すると買取と仲介では共通点は同じだといえます。

マンション買取の流れを知ろう マンション買取のメリットとは?

マンション買取の流れを知ろう マンション買取のメリットとは?

まずは、マンションの仲介と買取について違いや共通点といった点について解説しました。

では、マンションの買取と仲介にはそれぞれどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

まずは、買取した場合のメリットについて解説しましょう。

メリット①:すぐに売却ができる

最も買取の大きなメリットはすぐに売却ができるという点です。

仲介は、金額決定後、買主を見つけるために、広く募集を行います。

そのため、買主探しに時間がかかり、必ずすぐに売れるというわけではありません。

しかし、買取の場合は、そもそも購入しようとする買主は既に見つかっています。

金額の折り合いさえつけばすぐに売却が可能といえるのです。

前述しましたが、仲介の場合対象となるのは、不特定多数の個人が含まれます。

個人購入者の場合、多くは住宅ローンを利用してマンションを購入するために、住宅ローンの審査に時間がかかる場合があるのです。

住宅ローンの審査が通らずに契約自体が流れてしまうことだってあります。

買取の場合は、不動産会社が購入者として決まっておりそもそも住宅ローンの必要性がありません。

更なる時間短縮となりますので、買取の方が早く売れやすいといえるでしょう。

メリット②:隣近所に知られない

仲介の場合は、不特定多数の中から買主を見つけることになるので、広く募集を行うために、インターネットの掲示や新聞広告などの方法により買主を見つけます。

広く募集をするために、どうしても隣近所の目に触れる機会も多くなってしまい、隠して売却したいと思ってもばれてしまう可能性が高くなるでしょう。

しかし、買取の場合は、既に不動産会社が買主として名乗りを上げている状態ですので、広く募集する必要がありません。

そのため、買取しようといている不動産会社と価格で折り合いをつけるとすぐに売却ができるので隣近所に知られることがないのです。

これも買取の大きなメリットといえます。

メリット③:仲介手数料がかからない

仲介の場合、不動産会社が買主を見つけ、売買契約や引き渡しのフォローを行う対価として仲介手数料を支払う必要があります。

では、この仲介手数料はどのくらいかかるのでしょうか?

計算方法は、売買価格×3%+6万円+消費税です。

例えば、3,000万円でマンションを売却した場合の仲介手数料は、3,000万円×3%+6万円+消費税=1,056,000円となります。

この仲介手数料を不動産会社に支払わなければいけません。

しかし買取の場合は、不動産会社は買主となりますので仲介ではないという点がポイントです。

つまり仲介ではないので仲介手数料がかかりません。

仲介手数料は決して安い金額ではありませんので、この仲介手数料がかからないという点は買取にとって非常に大きなメリットといえるでしょう。

メリット④:現況の引き渡しが可能

買取により不動産会社がマンションを購入する最も大きなと要因は、再販のためです。

買い取ったマンションをきれいにリノベーションし、買取価格に金額を上乗せして再販し、利益を上げます。

つまり、買い取ったあとに自分たちでリノベーションしたり、手直ししたりしますので、買い取ってもらうときに特に何か手を入れる必要がありません。

仲介の場合は、購入者が次に利用する目的で購入することが多く、契約前に修繕要望や室内クリーニングなどを求められる場合があります。

しかし、買取の場合は基本的に現況での引き渡しが可能です。

これも買取の大きなメリットといえるでしょう。

マンション買取の流れを知ろう マンション買取のデメリットとは?

マンション買取の流れを知ろう マンション買取のデメリットとは?

マンション買取はメリットばかりではありません。

デメリットも当然ありますので、双方をしっかりと認識して買取という選択をするかどうかを分析しましょう。

では、次に買取のデメリットについて解説します。

デメリット①:価格が安いケースが多い

買取はさまざまなメリットがありますが、決定的なデメリットとして仲介よりも売却価格が安くなってしまうことが挙げられます。

というのも、不動産会社は再販する目的でマンションを買取りますが、相場の価格で再販する場合、当然ながら相場以下の金額で買取しなければ利益は上がりません。

一般的に仲介は、相場の価格で取引できるのに対し、買取は相場の6割~7割程度の価格でしか買取できないといわれています。

仲介手数料がかからないとしても、相場以下の金額でなければ買取しないことが多いのです。

価格面において、仲介が有利である点に関しては買取の大きなデメリットといえるでしょう。

デメリット②:買取してくれないケースもある

何度か繰り返していますが、不動産会社がマンションを買い取る目的は再販です。

買い取ったマンションを再販して利益を得るために仕入れ目的でマンションを買取します。

つまり、前提として売りやすいマンションでなければいけないのです。

そのため、どんなマンションでも買取するというわけではなりません。

マンションの中にはエリアや道路の関係などさまざまな面で、人気が無く、売りにくいようなマンションも当然ながらあります。

なかなか売れないと判断された場合や、リノベーション費用がかかり過ぎて採算が取れないと判断された場合は買取してくれません。

買取できないようなマンションもあるといった点についても大きなデメリットといえるでしょう。

デメリット③:買取の業者が心配

買取の場合、不動産会社が買主となり、双方が価格に折り合いがつけば売買を行うといった方法でマンションを売却します。

買取の場合の価格提示は、仲介とは異なりあくまでも買主となる不動産会社です。

つまり買主希望の価格提示となってしまい、相場と比較してどのくらい違うのかといった点が売主はわかりません。

残念ながら、買取の不動会社の中には、自社の利益確保のため、非常に安い価格で買取するケースもあるので不動産会社次第になってしまうことがあります。

買取の不動産会社が不誠実な場合、非常に安い価格で手放すことにもなりかねません。

この点もデメリットといえます。

デメリット④:引っ越しなど急なスケジュールになりがち

いったん買い取ったマンションは早く再販するために手直しやリノベーションを行いたいと買主である不動産会社は考えるでしょう。

そのため、買取が決定すると、引っ越しなどのスケジュールが急な日程になることがあります。

早く売れやすいのが買取のメリットですが、スケジュールがタイトになってしまうことが多くなってしまうのです。

しっかりと計画立てておかなければバタバタとした引越しになるでしょう。

マンション買取の流れを知ろう マンション仲介のメリットとは

マンション買取の流れを知ろう マンション仲介のメリットとは

ここまでは、マンションの買取についてメリットやデメリットなどについて解説しました。

では、マンションの売却を仲介によって行おうとする場合には、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

まずは、仲介におけるメリットについて解説します。

メリット①:高い価格で売却できる

仲介の場合は、不動産会社が査定した価格で広く募集を行います。

なるべく高い金額で査定し、買主を見つけるのが不動産会社の大きな仕事です。

売主も少しでも高い金額で売却できるように、不特定多数の人に募集する仲介でマンションを売却しようとします。

また、高い金額で売却できると、不動産会社は、高い仲介手数料を得ることができます。

少しでも高い金額で売却するのが不動産会社と仲介を選択した売主の共通の目的です。

つまり、仲介だと高い価格で売却することができるといった点が大きなメリットといえるでしょう。

メリット②:適正相場が分かる

仲介の場合は、必ず売却できるというわけではなく売れ残る可能性も考えられます。

いくら高い金額で売りたいといっても、相場とかけ離れた高い金額で売却しようとしても売れません。

相場の金額をしっかりとつかみながら、少しでも高い金額で売却できるように不動産会社は動かなければいけません。

つまり、仲介の場合は、適正相場をきちんと把握しておかなければ売れ残ってしまうといえるでしょう。

仲介でマンションを売却する場合は、近隣相場などをキチンと調査して、価格を査定しますので、適正相場が把握できます。

そもそも適正相場を把握しておかなければ、価格が相場とかけ離れてしまうので高すぎて売れない、安すぎて損をしたとなってしまう可能性が高くなるのです。

適正相場が分かる点も仲介の大きなメリットです。

メリット③:不動産会社に任せることができる

仲介の場合、一旦売却価格を決定し、不動産会社に売却依頼をしてしまうとその後は不動産会社に任せることができます。

募集や、購入希望者とのやり取り、案内や交渉、売買契約書の作成といったものまですべて不動産会社で行います。

マンションの所有者が行うことは、買主が決定し、売買契約を締結する頃からです。

ほとんどの業務に関しては仲介をしている不動産会社に任せることができますので、そう手間がかかる作業ではありません。

不動産会社に任せることができる点もメリットといえるでしょう。

メリット④:最も多くの人が利用している

仲介は、マンションの売却の中でも最も多くの人が利用している売却方法です。

一見すると買取の方が、手間もかからずすぐに売れそうなのでメリットが多いように見えるのですが、やはり売却価格に違いが出る点が選ばれる理由といえます。

買取は前述しましたように再販目的のため、相場価格よりも6割~7割程度の価格でしか売却できません。

しかし、仲介の場合は広く募集することで、多少高い金額でもそのマンションを欲しいという人が現れることもあり相場以上の価格で売却できることもあります。

とにかく高く売却したいと希望する人が多いため、仲介によるマンション売却を利用しているのです。

マンション買取の流れを知ろう マンション仲介のデメリットとは

マンション買取の流れを知ろう マンション仲介のデメリットとは

買取と同じく、マンションの仲介もメリットばかりではありません。

デメリットもありますので、しっかりと双方を理解し仲介にするのかどうかを選択する必要があります。

では、ここからは仲介に関するデメリットについて解説しましょう。

デメリット①:仲介手数料がかかる

仲介でマンションを売却しようとすると、必ずかかってくるのが仲介手数料です。

買取のメリットでも前述しましたが、決して安い金額ではありません。

マンションを3,000万円で売却した場合、最大1,056,000円の仲介手数料がかかります。

仲介手数料は、不動産会社の収益です。

売主は、買取価格と仲介での売却価格を比較する場合、仲介手数料を差し引いた売却価格と買取価格を比較しなければいけません。

仲介手数料を差し引いた売却価格と買取価格があまり変わらなかったといったこともあり得ます。

このように仲介の場合、仲介手数料がかかるといった点は、デメリットとして挙げられるでしょう。

デメリット②:必ず売れるとは限らない

仲介で募集している場合、必ずその金額で売却できるかどうかわかりません。

売買金額が相場とかけ離れている場合や、何かマンションに問題があった場合など売れ残ることもあるのです。

買取の場合は、買主である不動産会社が提示した価格で折り合いがつくとすぐに売却ができます。

しかし、仲介の場合は、買主を見つけるところから始まりますので、買主が見つからなければ売れ残ってしまうでしょう。

これも仲介におけるデメリットといえます。

デメリット③:近所に知られてしまう

仲介は、少しでも高い金額でマンションを売却するために仲介という方法を選択し募集を行います。

高い売却金額を設定して、売却するためには多くの人に募集していることを認知してもらう必要があるでしょう。

主な募集方法としては、インターネットでの募集や新聞折り込み広告での募集、店頭への資料の掲示などさまざまです。

仲介の場合、不特定多数の人に上記のような募集を行うので、隣近所にも売却していることが知られてしまうかもしれません。

しかも売ろうとしている価格まで分かってしまうので、このことを嫌う人も少なくはないのです。

隣近所に知れてしまうことは、人によってはデメリットといえるでしょう。

デメリット④:不動産会社との相性が大切

マンションの売却は、仲介の場合不動産会社に任せることができる点がメリットと前述しました。

しかし、それは対応が良い不動産会社の場合です。

対応が悪い不動産会社に依頼してしまうと、募集に関する手際の悪さなどからストレスを感じてしまうかもしれません。

不動産会社に任せることができるからこそ不動産会社との相性はとても大切です。

不動産会社の動きに関して満足ができない場合でも、専任媒介の場合は、3ヶ月程度は契約を継続させなければいけません。

つまり3ヶ月程度はその不動産会社との関係は継続されますので、相性が悪い不動産会社に依頼してしまうとデメリットとなるでしょう。

マンション買取の流れを知ろう スムーズな買取のためには?

ここまでは、買取と仲介のメリットやデメリットについて解説しました。

仲介は比較的よく知られている売却方法ですが、買取の場合はあまり知られていないのが現状です。

では、買取を選択した場合、どのような流れによってマンションは売却できるのでしょうか?

ここからは、マンションの買取を選択した場合の流れについて解説します。

①:買取業者の査定

まずは、買取業者に自分のマンションがどの程度の金額で買取できるのかどうかを査定してもらわなければいけません。

この査定は1社だけでもいいですし、複数社から買取査定をとっても構いません。

おすすめするのは複数の買取業者に査定してもらうことです。

1社だけだともしかすると非常に安い価格での買取になってしまうかもしれません。

複数社から買取価格を査定してもらうことで少しでも高い金額の買取に期待が持てます。

少しでも高い金額で買取してもらうためにも複数の買取業者から査定してもらいましょう。

ポイント

MANSION COLLECTでは、マンションの無料査定を行っています。

「マンションを売却したい!」「持っているマンションの売却価格が知りたい!」といった方は是非ご相談ください。

詳しくは、マンションの売却は株式会社MIJにご相談ください!【東京の買取業者】をご覧ください。

最短3日で売却が可能!

今すぐ無料査定をする

※査定だけでもお気軽にご相談ください。

②:買取業者の選定

買取価格を査定してもらったら買取る不動産会社を選定しなければいけません。

1社だけに依頼するのであればその不動産会社にするのかどうかの選択が必要になるでしょう。

複数社に依頼していたら、どの不動産会社に買い取ってもらうのかといった選定を行います。

どの買取会社を選択するのかによって、今後のスケジュールや方向性が大きく異なってくるでしょう。

単純に価格だけで選択するのか、査定の間の印象などで選択するのか、どのような選択をしても売主次第です。

今後の方向性が定まりますので大切なポイントといえます。

③:買取条件の打ち合わせ

査定された価格など、買い取る不動産会社が決定すると最終的な買い取り条件を決定しなければいけません。

ただ金額だけではなく、引き渡しの具体的な日時や、明け渡すときの部屋の状況といった点についてしっかりと打ち合わせをしておく必要があります。

特に大切なのは引き渡しの日程です。

いつ部屋を引き渡すことができるのかといった点は、買主も売主もそれぞれの都合をきちんとあわせなければいけません。

このような金額面以外の買取り条件もしっかりと打ち合わせを行い、決めていかなければいけません。

④:契約締結

引き渡しの前に売買契約を締結いたします。

場合によっては、売買契約と同時に引き渡しということもあります。

売買契約で、お互いの条件や契約の決まりごとをしっかりと確認しなければいけません。

また、場合によっては売買契約時に手付金が支払われる場合がります。

手付金は売買金額の5%~10%程度が一般的です。

手付金の解除期間であれば、買主は手付金の放棄、売主は手付金の倍額を支払うことで契約を解除できます。

このような手付金の受け渡しや契約書の取り交わしによって売買契約を締結します。

⑤:引き渡し

買取されたマンションの引き渡しです。

売買金額の残金の決済や所有権移転の手続きを行い、マンションを引き渡しします。

引き渡しの際には、司法書士などが同席し、所有権移転の手続きなどを行います。

ここまでの流れを経ますが、買取の場合、基本的に買取査定から引き渡しまで約1ヶ月程度を見ておくといいでしょう。

買取に向いているマンションはどんなマンション?

買取と仲介、どちらの方法によりマンションを売却しようか悩むところです。

しかし、マンションの状況によって買取に向いている場合と仲介に向いている場合があります。

まずは買取に向いているマンションについて解説しましょう。

①:売りにくそうなマンション

売りにくそうなマンションは買取に向いているといえるでしょう。

というのもマンションの中には、エリアの不人気などさまざまな理由によって募集してもなかなか売りにくいようなマンションがあります。

このようなマンションは、買取できるかどうか査定してもらった方が良いでしょう。

当然ながら、なかなか売れないようなマンションを必ず買取してくれるわけではありません。

しかし、仲介で長い時間かけても売れないような場合は、買取で早く買い取ってもらった方が助かるといった人も多いのです。

仲介ではなかなか売りにくそうなマンションは買取に向いているといえるでしょう。

②:大幅なリノベーションが必要

築年数が古い物件や、かなり傷んでいて大幅な手直しが必要な場合も買取が向いています。

というのも、仲介で募集する場合は、内装や修理などに費用がかかってしまい、お金をかけたとしても仲介で売却できるかどうかが分かりません。

もし売れたとしても希望通りの金額では売却できないかもしれません。

このように、売却するために費用をかけなければいけない場合などは買取により、余計な費用をかけずに売却してしまうのもいいでしょう。

③:事故物件

事故物件とは、売却しようとする部屋で事故や事件があった物件のことを指します。

心理的瑕疵のある物件ともいいますが、部屋内で不審な亡くなり方をした場合や、部屋内で事件があった物件のことです。

このような物件は、部屋自体に問題はなくても、心理的に嫌だと感じられてしまうため仲介に出したとしてもなかなか売れません。

事故物件も不動産会社に買取してもらうことで再生できる可能性があります。

そもそも心理的な要因が問題なだけですので、設備などは整っていることも多いのです。

一般の人には売りにくい物件なども買取による売却が向いています。

④:あまり売却の実績がないマンション

売却価格を決めるときに非常に参考となるのが、同じマンションの売買実績です。

同じマンションの別の部屋が売買された実績があることも多く、このような金額を参考にして募集されます。

しかし、あまり売却実績がないようなマンションは、どの位の金額で募集していいのか適正な相場が分からない場合があるのです。

このような場合も仲介ではなかなか売りにくくなる場合が考えられます。

買取に向いているといえるでしょう。

仲介に向いているマンションはどんなマンション?

では仲介にはどのようなマンションが向いているのでしょうか?

ここからは仲介に向いているマンションの特徴などについて解説します。

①:手を入れる必要がなく傷みが少ないマンション

売却時にあまり手を加える必要がないマンションは仲介に向いているといえるでしょう。

わざわざ売却するときにリノベーションなどの費用をかけなければ売れないようなマンションの場合、仲介したところで希望通り売れるかどうかが分かりません。

しかし、傷みが少ないようなマンションならば、手を入れる必要がないので初期投資が必要ないのです。

このように傷みが少ないようなマンションの場合は仲介によって少しでも高い金額で売却することがおすすめといえます。

あまり手を加えなくても売れるようなマンションは仲介によって売却しましょう。

②:売りやすいと思われるマンション

比較的売りやすいと思われるマンションも仲介に向いているといえるでしょう。

売りやすいマンションの特徴としては、交通の便が良いことや、築年数が浅いことなどが挙げられます。

売りやすいマンションは、購入希望者が多いため、相場より少しくらい高い金額で募集していたとしても、売れてしまう可能性が高いのです。

つまり、できる限り高い金額で売却できる方法をとった方が良いと思われますが、マンションの売却で最も高い金額で売却する方法は仲介といえます。

売りやすいマンションは、仲介で募集することで少しでも高い金額で売れるような方法をとることがおすすめといえます。

③:売れるポイントが増えたマンション

マンションを購入時にはなかった施設や建物が増え、以前と比べて人気の場所になった場合などにも仲介による売却が向いています。

というのも、もしかするとマンションを購入した金額以上で売却できるかもしれないのです。

マンションの売却における価格設定は、不動産の価値だけではなく、周辺のどのような施設があるのか?交通の便は良いのかといった点も大きく影響します。

人が住みやすいような施設が増えた場合は、そのエリアに人が増える可能性があるといえるでしょう。

つまりマンションが人気になり、高い金額で売却できる可能性が増えるのです。

このようなケースでも仲介での売却が向いているといえます。

④:マンションの他の部屋が売れている

同じマンションでの販売実績がない場合は、買取の方が向いていると前述しました。

逆に、他の部屋が売れているようなマンションの場合は仲介による売却がおすすめです。

基本的に、仲介でマンションを売却募集してもなかなか売れる可能性が少ない場合などに、買取に移行することが多いといえます。

既に同一マンションで、他の部屋では売買実績がある場合、同一価格なら売れる可能性が高いのでわざわざ買取によって安い金額で売却する必要はありません。

つまり、仲介によって同じくらいの金額か、もう少し高い金額などで募集してみても売れる可能性は高いといえます。

このようなケースでも仲介での売却が向いているのです。

買取に向いているのはどんな人?

ここまでは、マンションの特徴により、買取に向いている場合と仲介に向いている場合について解説しました。

しかし、所有者の特性や状況などによっても仲介が向いているか買取が向いているのかは異なります。

まずは、マンションの買取に向いている人はどのような人なのかといった点について解説しましょう。

①:とにかく早く売りたい

とにかく早く売りたい人は買取がおすすめです。

買取の金額さえ折り合えば、売買契約から引き渡しまでのスピードが最も早い売却方法ですので、すぐに現金化することができます。

現金が早急に必要な場合や、転勤などですぐに別の場所に赴任しなければいけない場合などは買取を選択する人が多いといえます。

仲介の場合はいったん募集しても、いつ買主が見つかるのかわかりません。

また、すぐに買主が見つかったとしても住宅ローンの審査などによって現金化するまでに時間がかかることもあります。

すぐに現金化したい人にとっては買取による売却が最も向いているといえるでしょう。

②:近所に内緒で売却したい

仲介の場合は、高い金額で売却するために広く買主を見つけます。

そのため、インターネットによる物件の掲示や新聞による折り込み広告。

店頭掲示などさまざまな募集方法によりマンションが売りに出ていることを認知させなければいけません。

そのため、近所の人や同じマンションの居住者からも売却されていることが分かってしまうことがあります。

隣近所に知られたくないという人には買取による売却が効果的です。

というのも購入希望者は不動産会社が決まっていますので、募集する必要がありません。

つまり、募集する必要がないのです。

隣近所に知られたくないという人は、買取による売却が向いています。

③:売れるかどうか心配したくない

仲介の場合はいったん市場に出して見なければ実際の反応が分かりませんし、すぐに売れるかどうかが分かりません。

もしかすると何ヶ月も売却まで時間がかかるかもしれませんし、売るために値下げなどを行わなければいけないかもしれません。

この場合、やはりいつ売れるのかが心配になってしまうでしょう。

売れるかどうか心配といった場合には買取がおすすめです。
買取の場合は既に不動産会社がいますので、金額面での折り合いがつくと、すぐに売却することができます。

買主をわざわざ探す必要がありませんので、売れるかどうかが非常に心配だという人は買取で売却しましょう。

④:余計な費用を払いたくない

仲介の場合は、前述しましたが高い金額で売却したとしても買取にはかからない費用がかかってしまいます。

仲介手数料です。

仲介手数料が不動産会社の収益となるので、仲介を利用する場合は必ず発生します。

しかも売却にはいくつかの費用がかかるのですが、その中でも仲介手数料は、金額面において大きな割合を占める費用ともいえるのです。

このような費用を払いたくないと思っている人にも買取が向いています。

買取の場合、不動産会社は買主という立場で売買に関係します。

不動産会社が買主となる取引に関して、仲介手数料はかかりません。

仲介手数料のような費用を払いたくないという人の関しても、買取が向いているといえるでしょう。

仲介に向いている人はどんな人?

ここまでは、買取に向いている人について解説しました。

では仲介に向いている人にはどのような特徴があるのでしょうか?

ここからは仲介に向いている人について解説します。

①:高く売りたい

仲介と買取を比較するとどちらが高く売れるのかといえば仲介です。

買取の場合は、前述しましたが再販の仕入れ目的ですので、どうしても相場よりも安い金額でしか購入してくれません。

仲介ならばどうしてもその場所でマンションを購入したい人などがいて、相場より高い金額で購入する可能性も十分考えられます。

高い金額で売却したいと望んでいる人には、買取による売却は基本的に向かないのです。

高い金額で売却したい場合は、仲介が最もおすすめの売却方法であり、仲介でなければ高く売却することはできません。

高く売りたい場合は、必ず仲介を選択する必要があるでしょう。

②:マンション売却の経験がある

マンションの売却はそうそう人生の中で行うものではありません。

そもそもマンションの購入自体も、そう誰もが経験するわけではなく、人生の中で一度も経験しないという人もいます。

しかし、逆にマンションの購入や売却を複数回経験したという人もいるでしょう。

そのような人は、仲介によって高い金額で売却する方法を選んだ方が良いでしょう。

というのも、売買に経験があるので、ある程度段取りや、以前の経験などが役に立つことがあるからです。

不動産会社をパートナーとして色々な提案や高く売るための対応などマンション売却未経験の人と比べると臨機応変に対応しやすいといえます。

このような売買の経験者も仲介の方が向いているといえるのです。

③:売れなくてもスケジュールの心配があまりない

買取は、安い金額の買取を理解した上で、早く現金化したい人や早く引っ越しをしたい人に向いていると前述しました。

仲介の場合は、いつ売れるのかが分からないといった点がデメリットとなり、しかも相場より少し高い金額設定にしてしまうとさらに時間がかかる可能性があります。

あまりすぐに売れる必要がなく、スケジュール的にもそう心配がない人に関しては仲介によって高く売る方を選んだ方が良いでしょう。

じっくりと腰を据えて募集することで、注目する人も増えてきます。

焦らずにじっくりと売却できる人も、仲介の方に向いているといえるでしょう。

④:住宅ローンの残債が多い

住宅ローンの残債がまだたくさん残っている人も仲介による売却を選んだ方が良いでしょう。

この場合、売却しか選べないという方が正しいかもしれません。

これはどのようなことを指しているのかといえば、住宅ローンが残ったままのマンションを売却する場合、売却代金で残債を全額返済しなければいけないからです。

もう少ししか残債が無い場合は、買取で早く売却し、残債を支払うことができるかもしれません。

しかし、まだ残債が多く残っている場合は、買取による売却の場合は、残債が支払えないかもしれないのです。

高い金額でマンションを売却し、残債を支払うためにも、まだローンの残債が多く残っている場合は仲介によってマンションを売却しなければいけないでしょう。

買取と仲介、マンション売却にはどちらを選ぶ?

実際にマンションを売却する場合買取と仲介それぞれに特徴があり、どちらが良いとは一概にはいえないことは今までの解説でもわかったのではないでしょうか?

ここからは、どのような状態の場合は、買取と仲介のどちらが良いのかといった点について解説していきます。

早く売りたい場合は「マンション買取」

とにかく早く現金化したい場合は、買取がおすすめです。

何度か解説していますが、仲介の場合は、いつ売却できるのかは全くわかりません。

もしかすると何ケ月も売れないかもしれないのです。

そのため、売却からのスケジュールが全く読めない場合があります。

しかし、買取の場合は、不動産会社と価格の折り合いがとれるとすぐに売買契約や現金化が可能です。

早い場合は、1ヶ月もかからないうちに現金化することもできます。

スピード感を重視する場合は、圧倒的に買取に分がありますので、とにかく早く売りたい場合は買取による売却を選択しましょう。

高く売りたい場合は「マンション仲介」

時間はあまり関係なく高い金額で売却したい場合は、仲介による売却がおすすめです。

買取は先ほどから何度か繰り返していますが、不動産会社が再販目的により仕入れることを大きな目的としています。

そのため相場以下での金額でしか買取ができません。

マンションを高く売りたいならば不特定多数の人に広く募集して売却する仲介の方がおすすめです。

仲介ならば広く募集を行いマンションの売却を行うので、非常に購入ニーズの高い人が相場よりも高い金額で購入する可能性もあります。

このような購入希望者を見つけることができると高い金額で売却が可能です。

売却金額面を重視するならば、仲介を選択しましょう。

売りやすい場合は「マンション仲介」

売りやすい条件が整っているマンションも仲介で強気な売却金額を設定し、募集活動を行いましょう。

売りやすいマンションとは、駅に近いなど交通の便がいいエリアや学校が近いエリア。

買い物など、便利な施設があるエリアです。

このようなエリアにあるマンションは多くの人が住みたいと考えます。

そのため、相場も近隣より高いケースが多い点や、強気の金額設定でも購入希望者が現れる可能性が高くなるといえるのです。

つまり、売りやすいマンションに関しては、買取で売却してしまうとちょっともったいないと感じるかもしれません。

売りやすい条件が整っているマンションならば、仲介により高い金額で売却する方法を選ぶことをおすすめします。

リノベーションが必要な場合は「マンション買取」

築年数が古いマンションや設備が古く、改装やリノベーションしなければいけないようなマンションの場合は、買取がおすすめです。

というのも、仲介で売却するためには、部屋をきれいな状態にリノベーションして売却する必要がありますので費用が最初に発生してしまいます。

費用を投下した後に仲介で売却したとしても高く売れるかどうかわかりません。

まったくリノベーションしないで仲介で売り出すことも可能ですが高い金額で売却するのは難しいでしょう。

仲介で手を入れなければ売れないような場合は、買取によって現況のまま売却することがおすすめです。

マンション仲介での選びかた一括査定とは?

仲介では近年、一括査定という方法によって不動産会社を選択する人が多くなっています。

この一括査定とはどのような方法なのでしょうか?

仲介の中でも一括査定について解説します。

①:複数の不動産会社から査定がとれる

一括査定とは、ネット上にある一括査定のサイトから必要な情報を入力するだけで複数の不動産会社から、マンションの査定金額が取得できる方法です。

一般的に仲介で不動産会社に査定依頼する場合は、不動産会社に直接連絡して査定依頼をしなければいけません。

複数の不動産会社に依頼する場合は、何社も連絡しなければいけませんでしたが、一括査定サイトに入力するだけで複数の会社からの査定金額が所得できます。

しかも何百社も登録している不動産会社から自分が欲しい不動産会社に査定依頼することも可能です。

非常に便利な査定サイトといえます!

②:査定の頼み方が簡単

査定の頼み方も非常にシンプルで、指定される情報を入力するだけで依頼ができます。

マンションの広さや、築年数、間取り、号数といった情報を入力するだけで査定価格を得ることが可能です。

しかも査定に関しての費用は一切かかりません。

査定の依頼方法も非常にシンプルなので、多くの人が利用している査定方法といえるでしょう!

③:どの不動産会社を選ぶのかも自由

一括査定サイトでは複数の不動産会社の査定が一回の情報入力で取得可能な点が大きなメリットです。

しかも、近年登録している不動産会社が非常に多くなっており、ひとつの一括査定サイトに何百社も登録しています。

つまりその中から自分が欲しい不動産会社から査定をしてもらうことができるのです。

大手の不動産会社でもいいですし、地域に強いと思われる不動産会社でも自由に選ぶことが可能です。

不動産会社に連絡して依頼するにはなかなかその場所に出向けないということもないし、全てのやりとりをネットで完結することもできます。

一括査定サイトの大きなメリットといえるでしょう!

④:不動産の相場がわかり、納得の金額で売却できる

買取の場合、1社だけに査定してもらうとその金額が高いのか安いのかが全くわかりません。

これは仲介でも買取でもいえるのですが1社任せになると妥当な金額なのかどうかが分からないので、できることならば複数からの査定が欲しいところです。

仲介の場合は、一括査定で複数の会社から査定を取得できますので、相場が分かります。

おおよそ一括査定では5社程度から査定がとれますが、極端に査定が安い会社や高い会社もあるでしょう。

しかし、数社同じ程度の査定金額が出ているところが大まかな相場といえます。

相場が分からなければ、高い金額で売り出しているかどうかもわかりません。

マンションの売却において、おおよその相場を知ることはとても重要です。

一括査定をおこなうことにより自然と相場をつかむことができるといえるでしょう!

関連記事マンションの売却における「買取」と「一括査定」ではどう違う?メリットやデメリットを解説!

マンション買取の流れや注意点について 買取の注意点は3つ

買取についてさまざまな面について解説してきました。

では、実際に買取を利用した場合の注意点はどのようなものがあるのでしょうか?

ここからは買取の注意点について解説します。

注意点①:査定は複数の会社に依頼

前述しましたが、査定はできるなら複数から取得することが望ましいでしょう。

査定を1社だけ頼んで決めてしまうと実際に高いのか安いのかが全くわかりません。

買取なので高く買い取る分にはいいのですが極端に安い金額なのかもしれないのです。

そのため複数の不動産会社に買取の査定金額を依頼することをおすすめします。

複数の会社から査定を取得することで買取の中で一番金額が高い不動産会社を選ぶことができるでしょう。

一番高い不動産会社ではなくても一番サービスがあっている不動産会社など、複数の査定の中から自分に合った不動産会社との取引が可能です。

注意点②:買取の相場を知っておこう

予めどのくらいの価格で買取されているかを把握しておくことも後悔しないマンション買取には欠かせません。

先ほど、複数の不動産会社に買取の査定をしてもらうと解説しましたがこれも相場を知るためといった点も含まれています。

相場を知ることは、買取価格の妥当性の指標にもなりますし、買取してもらうかどうかの判断材料にもなるでしょう。

買取の相場が分かっていると買取の不動産会社との交渉などもやりやすくなります。

買取の相場を確認しておくことも重要なチェックポイントです。

マンションコレクトは、レインズによる過去の成約事例を参照して相場を決定しています!

注意点③:スケジュールは綿密に立てておこう

スケジュールの調整も欠かせません。

前述しましたが、買取の場合は非常に早く取引が完了しますので、早めに引っ越しすることが可能です。

しかし、それは言い直すと、早く部屋を明け渡さなくてはいけないということに繋がります。

買取は、査定から引き渡しまで1ヶ月とかからないこともありますので、引っ越しなどのスケジュールを綿密に建てておく必要があるのです。

マンションコレクトでは、お部屋の引き渡し日も調整することができます!

まとめ

マンションの買取や仲介についてさまざまな面から解説しました。

それぞれに特徴がありメリットやデメリットがあります。

また、局面によって、どちらの方法で売却するのがいいのかは異なりますので、それぞれの特徴を十分に掴んでおきましょう。

そして後悔しないマンション売却に役立てられたら幸いです。

マンションの買取強化中!

MANSION COLLECTなら、
  • 買取りは全て現金で!
  • 最短3日で売却が可能!
  • 仲介手数料と売却諸費用が無料!
  • レインズの買取事例に基づいた相場の9割以上で買取が可能!
また、すぐには引越しができないという場合でも、お部屋の引き渡し日を調整することができます。 まずは無料査定をお試しください。

最短3日で売却が可能!

今すぐ無料査定をする

※査定だけでもお気軽にご相談ください。

この記事を書いた人

清水みちよ

30代女性

資格:宅建・FP2級・通関士・総合旅行業務取扱管理者

大学生の時に一人旅に目覚め、海外50か国以上を訪れました。その経験を武器に新卒で旅行会社に入社しましたが、入社数年で倒産という憂き目にあってしまいます。悔しさをバネに宅建・通関士・FP資格を無職期間の4年でゲット!現在は不動産会社の窓口勤務ですが、コロナ渦で週休4日ペースが続いているため、新しい資格取得に向けて日々奮闘中です。趣味はペット。特技は英会話。

-マンション買取